2020年07月06日

2020年7月3日 至仏山

4時頃。外はもう明るくなりなり始めています。
樹林帯を歩くので念のためヘッドライトを持って歩き始めます。ライトをつけることはありませんでした。
IMG_20200703_040814256.jpg
IMG_20200703_041326648.jpg
なんとなく朝焼け色の雲。
山の鼻あたりはこんな天気でしたが、下山後に温泉小屋に宿泊していた人から聞いた話では5時頃雨が降っていたとのことでした。

意識してゆっくり歩いて、森林限界まで約1時間。辺りは霧に包まれています。
IMG_20200703_051220077.jpg
天気予報を見て、今日は雨が降らないという予想で登り始めたので、眺望はなくても降られなければ・・・と思いながら山頂に向かいます。

今年は尾瀬ボランティアによる柵立は行われなかったそうです。柵立を行いましたという情報はなかったですが、ちゃんとロープが張ってありました。
そうえいば、毎年、開山にあわせて事前に残雪などの登山道情報が尾瀬保護財団から出ていたと思うのですが、今年はなかったです。
IMG_20200703_055441073.jpg

もう、ゴミとしか思えないのは私だけ?(^^;)
たぶん、ここが中間地点を示す案内板だったと思います。
IMG_20200703_060404968.jpg
山の鼻から山頂までの間に何か所かこういう案内板があるのですが、森林限界の案内板以外は文字が消え、倒れたり落ちたりしていて何が書いてあったのかもわからない状態です。
それでも置いてあるということは、よほど大切なものなんですかねー 
雪や風や豪雨で流されてしまわないうちに回収した方がいいような気がするのは私だけでしょうか・・・
「環境省」と張りなおされた部分だけ読めるので、ゴミとして持ち帰るわけにもいかないですが、何にも読めなければゴミとして持ち帰りたくなります(^^)

中間地点を過ぎたあたりで、燧ヶ岳が一瞬見えました。
アヤメ平・横田代にかぶさるように雲が乗っかって流れていました。
雲と雲の間にいるな~と感じます。
IMG_20200703_061654234.jpg

2時間以上かかって、やっとベンチに到着です。
IMG_20200703_062712869.jpg

しばらくするとわずかな時間ですが尾瀬ヶ原が見えました。
IMG_20200703_064431319.jpg
久しぶりに緑に染まった尾瀬ヶ原を俯瞰しました。ヤマドリゼンマイの薄黄緑色に輝いている部分がよくわかります。
そういえば、ニッコウキスゲが咲く時期は、湿原が黄色く染まっていたのが見えていました。黄色く染まった湿原・・・もしかしたらもう見ることができない光景かもしれません。

このベンチを出発してすぐ、昨日再会した彼女が登ってきました。私より1時間くらい遅く出発したはずですが、さすが!早い!
私は普段の運動不足にくわえ、普段持ち歩かない寝袋や自炊道具の重さもあって、終始ノロノロペースでした(^^;)

東面登山道でどこか木道工事をしたと聞いていたような気がしたのですが私の記憶違いだったかもしれません、、、
相変わらず、ベンチを過ぎたところの階段は斜めに傾いたまま。
IMG_20200703_065211346.jpg
特に急に傾いているところは立っているのも恐ろしいので、ロープ内なら足をついてもよいだろうという判断で時々階段を使わず登ります。
この階段のすぐ上の裸地・・・のネットがボロボロです。
IMG_20200703_065645141.jpg
斜面を守るため役立ってくれていたネットなのでしょうが、これもまたゴミのようにしか見えないのは私だけでしょうか・・・

少し天気が良くなってきたようです。空高いところに雲はありますが、遠くが見えるようになってきました。
IMG_20200703_070351369.jpg
この後、湿原は見え隠れしていましたが、山頂に着いてからは雲に覆われることなく歩けました。

高天原手前のところ。
IMG_20200703_072537729.jpg
こんな写真では伝わらないかもしれませんが、ホソバヒナウスユキソウが沢山咲いています。

高天原
IMG_20200703_074728276.jpg
ここで一休み。キバナノコマノツメが今まで見たことがないくらいの数でした。キバナノコマノツメは他の場所にも沢山さいていました。花のちょうどよいタイミングの時に来ていないだけなのだと思いますが、今までで一番多く感じました。

先にも書きましたが・・・「環境省」ということ以外、何もわからない看板(^^;)
IMG_20200703_080025397.jpg

高天原を見下ろし、ラストスパート?山頂に向かいます。
IMG_20200703_080441820.jpg

山頂到着。休憩含めてなんと4時間半くらいかかってしまいました(^^;)
IMG_20200703_082637600.jpg
山頂に先についていた彼女と、コーヒータイム。その後彼女の友達も到着し、長い時間3人で貸し切りの山頂でした。
雲が流れ、時々尾瀬ヶ原が見えなかったり奈良俣ダムが見えなかったりしましたが、おおむね眺望よく、暑くなく寒くなく、のんびり過ごすことができました。1時間くらい山頂にいたと思います。

下り始めて山頂方向を振り返ると残雪が見えました。
IMG_20200703_102310161.jpg
1日はまだ東面登山道に残雪があったらしいですが、この日(3日)は残っていませんでした。

南面登山道テラス上の、いつも残雪がある場所は、少しですか階段上にも残雪がありました。
IMG_20200703_104251105.jpg

テラスがかなり傷んできています。半分はベンチがなくなっていました。
IMG_20200703_110937358.jpg
IMG_20200703_110949320.jpg
歩くのに時間がかかりすぎているため、休憩せず進みます。

オヤマ沢田代
IMG_20200703_113333283.jpg
ワタスゲの数が多いです。見頃まであと1週間くらいかな、という印象でした。

原見岩より
IMG_20200703_120445547.jpg
この先、もう疲れてしまって、足がもつれてしまいそうでした。

そして13時頃、やっと鳩待峠到着です。
IMG_20200703_130256482.jpg

仕上は花豆ソフトクリーム
IMG_20200703_130714949.jpg

今回、久しぶりに咲いている花をメモ(撮影)しながら歩きました。そのせいもあって時間がかかったのかもしれません。
何はともあれ、尾瀬に行けたことに感謝です。
花のメモは、別記事でまとめたいと思います。
posted by とも at 13:48| Comment(0) | 2020年 | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

2020年7月2日 長沢新道~アヤメ平・横田代

長沢新道の入り口辺り、太陽光パネルが見えました。何かの調査かな?
IMG_20200702_061454858.jpg

長沢新道を歩くとき、この木のそばで休憩します。
この日一番の青空が広がっていた時間でした。
IMG_20200702_070526695.jpg
見上げると、大きくなったナナカマド
IMG_20200702_070103216.jpg
初めてこの道を歩いたのは、ツアーで歩いた時でした。
フィルムで撮影していた時代、それも小雨の中を歩いたのですが、どうしてなのかわからないけどこの木の写真を撮っていました。
よほど何かを感じてシャッターを押したのだと思います。

長沢新道の途中、尾瀬ヶ原が見える場所がありますが最近は木が成長したのか見えにくくなってしまいました。
IMG_20200702_070937463.jpg
温泉小屋あたりまで見渡せていたと記憶しています。ニッコウキスゲで黄色くなった湿原も見えていましたね。

土場を過ぎたあたりで、シカに会いました。
IMG_20200702_075020564.jpg
しばらくジーっとしていましたが、突然駆け出して行ってしまいました。
今回見られた動物は、このシカさんだけでした。

富士見田代の池塘の手前、ミズバショウが咲いていたところです。
IMG_20200702_081527604.jpg
この数年、ここのミズバショウの葉が食べられていたのが気になっていましたが、今年はどうも様子が違っていて食べられている様子がありません。小さなミズバショウの葉っぱだけがポツポツと生えていました。

富士見田代。ついさっき、青空が見えていたのに雲が厚くなってきました。
IMG_20200702_081644315.jpg
この辺りのワタスゲは、まだ果穂が白くなりきっていない状態です。

昔の写真を見返していると、そういえばここにベンチはなかったことを思い出しました。
何年前だったでしょう・・・冨士見小屋に泊まった時。夕暮れ時にここに来ました。
ベンチはなかったので木道に寝転がってトンボの飛ぶ姿を眺めていたら、トンボが鼻に止まったのを思い出しました(^^;)
IMG_20200702_082409372.jpg
ここのベンチは「H21」の焼き印がありました。
今ではここにベンチがあって、ここで休憩するのが当たり前になりました。

通るたび、気になる冨士見小屋・・・
IMG_20200702_083203231.jpg


アヤメ平へ向かう道が、一部付け替えられていました。
IMG_20200702_085920884.jpg

そして、アヤメ平へ。
この写真だけ見ると天気よさそうですが、一瞬明るくなった時を狙って撮ってます(^^;)
IMG_20200702_092156666.jpg
IMG_20200702_092216314.jpg
アヤメ平に着いた時には、至仏山も燧ヶ岳も見えませんでした。
時間には余裕があるので、雲が流れてくれないかな~とベンチに座ってしばらく待ちました。
日差しはないので暑くなく、少し冷たい風が心地よかったです。

チングルマは果穂、ワタスゲはまだ果穂が膨らみきっていない感じ。
アヤメ平はこの数年、オノエランとムシトリスミレの数が増えたなと思います。昔はここでオノエランを見た覚えがなかったですし、ムシトリスミレも探さないとわからないくらいの数しかなかったという記憶です。
写真が下手なのでわかりにくいですが、オノエランとムシトリスミレです。
IMG_20200702_094546907.jpg

そして、横田代へ。
少しだけ日がさしてくれました。
IMG_20200702_103313294.jpg

IMG_20200702_103457153.jpg
ワタスゲは、昨晩の雨で濡れ乾ききっていなくて、ちょっとショボンとした状態でした。
それでもワタスゲの数は多く、風にゆれていました。

暑すぎず、寒すぎず。心地よい風・・・
ボチボチ行くか、と横田代の道標のところまで歩いたのですが、やっぱりここでお昼ご飯を食べようとまた上のベンチまで戻りました(^^;)

鳩待峠。
IMG_20200702_131434053.jpg
もう1泊するので山の鼻へ戻ります。

いつも見る風景。いつもならここで写真を撮ることはないですが、こんな状況だからなのでしょうか、急に愛おしくなり写真をとりました。
IMG_20200702_132943465.jpg
IMG_20200702_133407805.jpg

そういえば昨日挨拶を忘れた!と、ETの木にご挨拶。
IMG_20200702_134903588.jpg
いつもなら、まだ雪が残る時期に「今年もよろしく」と声をかけていたのですが・・・

山の鼻に着いて、見本園を歩きました。
IMG_20200702_140829940.jpg
IMG_20200702_141130363.jpg
IMG_20200702_144047368.jpg
IMG_20200702_141357887.jpg
今年もミズバショウが沢山さいていたそうです。

変種(!?)のカキツバタは今年も咲いています。毎年安定して咲き続け、数も増えているような気がします。
IMG_20200702_142314098.jpg


来年は、来年は・・・ミズバショウの花を見ることができるでしょうか・・・

この後至仏山荘前で、昨年駒の小屋と至仏山で出会った彼女に再会しました。
3度も会うなんて何かの縁。
posted by とも at 21:58| Comment(0) | 2020年 | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

2020年7月2日 尾瀬ヶ原

4時を回ったころに山小屋を出発しました。
念のためヘッドライトを持って出発しましたが、必要なほど暗くなかったです。気休め程度ですが、鈴を鳴らしながらしばらく歩きました。
IMG_20200702_041036150.jpg
IMG_20200702_041507720.jpg
IMG_20200702_041845771.jpg

2・3日前まで、この日は天気がよさそうな予報でしたが、前日は少し曇り寄りの天気予報に変わっていました。
至仏山も燧ヶ岳も、なかなか姿を見せてくれません。
IMG_20200702_043616266.jpg
遠くを見ると、ワタスゲで白く染まっているのが目立ちます。
IMG_20200702_044849973.jpg

昨年架け替えられた、下の大堀川橋
IMG_20200702_045228488.jpg
あー、シカの柵、ここにも立てたんだー っと一瞬足を止めて見入ってしまいました・・・
昔、ニッコウキスゲで一面黄色く染まっていた辺りを囲むように柵が建てられています。もちろん、この写真の手前にもニッコウキスゲは沢山咲いていましたが。。。

何かの都合でこうなったのでしょうが、橋の南側は川が柵外、橋の北側は川が柵内となっています。
IMG_20200702_045254967.jpg
IMG_20200702_045249427.jpg
柵の中に、ニッコウキスゲがポツリポツリと咲いていました。
IMG_20200702_045450437.jpg
柵を立てるのだったら、せめてあと2年早くしてもらえなかったのかと思います。一昨年はまだ少しはニッコウキスゲが見られたと思うんですよね・・・でも昨年は壊滅的と言っていいくらい、数えられるほどしか花がなかったという記憶です。

ここのシラカバも元気がなくなってきました。
IMG_20200702_045724286.jpg
ここのベンチでモーニングコーヒー、朝ごはんとしました。
雲がなければ日が差し込んでいる時間ですが、雲が邪魔してなかなか明るくなりません。
IMG_20200702_051242136.jpg
ご飯を食べ終わった頃に、至仏山に日が当たりました。
IMG_20200702_053940696.jpg

ヤマドリゼンマイの、薄黄緑色がきれいです。太陽の日が当たるともっと輝いて見えるのですが。。。ここにいる間、日が差すことはなかったです。
IMG_20200702_054113114.jpg

シカ柵はこの辺まで張られていました。
IMG_20200702_054421358.jpg
IMG_20200702_054509340.jpg

龍宮あたりは、ワタスゲだけじゃなくサギスゲも沢山ありました。
IMG_20200702_055401652.jpg
IMG_20200702_055603805.jpg

山の鼻から龍宮十字路まで、出会った人はたった一人。
こんな天気でも、例年ならもっとたくさんの人に出会っていただろうな~と思いながら、長沢新道へ歩いて行きました。
IMG_20200702_060323477.jpg
IMG_20200702_060310620.jpg
posted by とも at 16:49| Comment(0) | 2020年 | 更新情報をチェックする

2020年7月1日 尾瀬ヶ原

7月1日以前も尾瀬への入山は可能でしたが、山小屋の営業が開始されるのを待って入山しました。

鳩待峠より至仏山方向。残念ながら山は見えず・・・
CYMERA_20200701_111615.jpg

本日(7/1)より、至仏山への入山が可能になりました。今年の山開きの神事は規模を縮小して行われたようです。毎年配られている記念バッジも配布されなかったそうです。
CYMERA_20200701_111810.jpg

例年とは違った感覚で尾瀬へ入山します。入山者数調査の機械が新しくなったようです。
CYMERA_20200701_112001.jpg

このシーズンなら、鳩待峠~山の鼻では平日でもたくさんの人とすれ違い、ベンチで休んでいる人も多いですが、今年はやはり状況が違うなと感じます。特に天気も良くなかったので余計にそう感じたのかもしれないです。
CYMERA_20200701_115324.jpg

テンマ沢湿原の水芭蕉はすっかり葉を大きく伸ばしていました。変な言い方ですが、もう少しシカに荒らされているかと思ってたのですがそうでもなかったです(^^;)
CYMERA_20200701_121643.jpg

山の川上川橋を渡ったところです。木道脇の植物を見ると、人通りが少ないということがよくわかるような気がしました。
IMG_20200701_123300238.jpg

尾瀬ヶ原へ踏み出すと、さっそくニッコウキスゲが出迎えてくれました。
IMG_20200701_134014189.jpg
もう咲き終わっている花もありましたので、今年は少し咲くのが早かったのかな、と想像します。

そして、昨年も撮影していた定点ポイント3枚
IMG_20200701_133859632.jpg
IMG_20200701_134455986.jpg
IMG_20200701_134747555.jpg

牛首分岐まで散歩しました。
今年はワタスゲの数が多めのようです。遠目に見ると結構白く染まっています。果穂は飛び始めています。
IMG_20200701_135149084.jpg
IMG_20200701_135106589.jpg

逆さ燧の池塘と三本シラカバ
IMG_20200701_135955269.jpg
IMG_20200701_135935700.jpg
シラカバがすっかり元気がなくなりました。右側の木だけ葉をつけていますが元気がありません。この風景が見られるのもあと何年かと考えてしまいます。

上の大堀川橋を中田代側へ渡ったあたり
IMG_20200701_141705469.jpg
昔、ワタスゲと言えばこのあたりに群生しているイメージが強かったです(個人の感想です)。今はヤチヤナギが増えたようで、ヤチヤナギの間にワタスゲが背伸びしているように見えてしまいます。

牛首分岐の道標
IMG_20200701_142151231.jpg
今年いっぱいくらいは大丈夫でしょうか。ちょっと心配です。

牛首分岐あたりより、至仏山と燧ヶ岳
IMG_20200701_142243048.jpg
IMG_20200701_142232757.jpg
残念ながら山頂まで見えませんでした。この後雨が降り始めたので山の鼻に戻りました。


この数年、数が増えているかも?と感じるカキツバタ
IMG_20200701_145414272.jpg
シカなのか、他の動物なのか・・・つぼみがいくつか切り取られたような跡がありました。

上の大堀川の水位が少し低いのかな?と感じました。
IMG_20200701_144026641.jpg

原の川上川橋付近で、ミズバショウがわずかに残っていました。
IMG_20200701_145850573.jpg
ミズバショウが見られたおかげで、少しだけ今年の尾瀬が取り戻せたような気分でした。
posted by とも at 14:30| Comment(0) | 2020年 | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

2019年10月22日

14EA6800-5526-4575-9C5B-6E79EAA2A256.jpgCF235753-97E2-4052-AA33-ADF869DD1A2A.jpgD572F9E5-9308-4D42-822A-7160E5D0EDC2.jpg
天気予報通り、昨日暗くなったころから雨が降り始め、夜間はずいぶん雨の音が響いていました。
朝は小雨。午前中は、降ったり止んだり霧雨だったり。

原の川上川橋。増水しているのがわかります。
1BE00D97-0DBC-4162-A7EB-89EBBE1F9492.jpg

このあたりはもう、川上川と言ってもいいかもしれないですね。
拠水林の根元が洗われて枯れてしまうんじゃないかと心配してしまいます。
1DFA6C9C-171F-430D-B530-F08FC147AF8C.jpg
午後、下山。今シーズン最後の下山です。
お昼頃に雨は止み、雨の中を歩くことなく下山しました。

工事中だった場所も、ほぼ工事は終わっていました。
85568E14-9ADC-4D5F-89FA-F18CCABBB162.jpg
午前中、一時山頂まで見えたのですが、至仏山はすっかり雲の中です。
B2EDFE25-883B-41C3-BC54-56EB635D6E1E.jpg
鳩待峠より至仏山。やっぱり見えませんでした。
36FFB2AD-247C-40E6-ACA2-A24434A9179F.jpg
来シーズンはどんな尾瀬シーズンになるでしょう~
今から楽しみです(^^)
posted by とも at 20:00| Comment(0) | 2019年 | 更新情報をチェックする