2017年05月05日

2017年5月2・3日 残雪の尾瀬 その2

5月3日。

朝、4時過ぎに山小屋をでて尾瀬ヶ原方向へ。
CA3J0015.JPG

川上川を渡るか渡らないか悩み、結局渡ったところで日の出待ち。
うっすら雲がかかっていて、少しだけ空が色づきました。
CA3J0016.JPG


原の川上川橋の拠水林のあたり、
CA3J0020.JPG
CA3J0022.JPG
木道の上の雪が割れ始めています。この雪が残っている時が一番歩きにくいですね、落ちてしまいそうで。

明け方はそれほど寒く感じなかったのですが、池塘の表面は凍っていました。
CA3J0023.JPG


雪がなくなると見られなくなるところから風景を眺め・・・
CA3J0024.JPG
CA3J0025.JPG
あちこち歩きすぎて、時間切れ(^^;)
もう少し先まで行きたかったのですが、この辺りで引き返しました。
CA3J0033.JPG


鳩待峠は、至仏山へ向かう人でにぎわっていたようですが、尾瀬ヶ原は人が多いと感じることもなかったですね。


posted by とも at 15:00| Comment(0) | 2017年 | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

2017年5月2・3日 残雪の尾瀬 その1

5月2日。
昨年と同じ日の尾瀬です。
昨年は雪がすくなくて、鳩待峠から尾瀬ヶ原への道はすっかり木道が出ていましたが、今年は残雪が多くずっと雪の上を歩くことになりました。

鳩待峠
CA3J0008.JPG
除雪で積み上げられた雪が山になっています。ミニ至仏山?(^^)

昨年と同じく、至仏山方向へ歩きます。原見岩あたりまで、と思って歩いたのですが、目印になるものがなにもなく・・・ここが原見岩あたりかどうか自身がないのですが、見晴がよかったのでこの辺りだと思います。
CA3J0009.JPG
尾瀬ヶ原は下田代まで真っ白です。

鳩待峠に戻ってから、山の鼻へ向かいます。冬道はすでに通れなくなっているようでした。
ほんの少しだけ木道が見えていました。
CA3J0011.JPG

テンマ沢の湿原は、少しだけミズバショウがありましたが、茶色くなっていました。花を咲かせるにはまだ少し早いようです。
CA3J0010.JPG


山の鼻の案内板は、ほんの少しだけしか見えていません。
CA3J0013.JPG
青色のビニールがかけてあるところが案内板の位置です。

原の川上川橋。
CA3J0014.JPG
橋が雪より低い位置になっています。残雪の多さがわかりますね。

この時期に気になることといえば・・・
CA3J0019.JPG
雪のない木道や橋の上のキズ。
アイゼン等で歩く人がいるので、傷だらけになってしまいます。
はずすのが面倒かもしれませんが、アイゼン等は外して歩いてほしいですね。

この日は雲がほとんどなく、青空が広がっていました。
夜は、月と、星たちがたくさん見えていました。満天の星空でした。



おまけ。
冬毛のオコジョを見たよ!?
おこじょ.JPG
posted by とも at 15:05| Comment(0) | 2017年 | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

天覧山・多峯主山

4月6日。
暖かくなってきたので、運動不足解消のため、チョコっと歩いてきました。
ホントは他に行きたいところもあったんですが、イロイロありまして、半日で帰って来られそうなところから選んだコースです。

西武池袋線飯能駅から天覧山・多峯主山を歩く道。
駅から歩いて15分くらいから、丁寧な道案内があちこちにありました。
CA3J1189.JPG
途中、ご近所さんでしょうか手ぶらで歩いていらっしゃる人数人とすれ違いました。

迷うことなく、天覧山山頂に到着です。ここまで駅から1時間かかってないです。
CA3J1191.JPG
かすんでいて富士山は見えません。
CA3J1192.JPG

あー近所にこのくらいの山があれば、散歩にちょうどいいのに~

一息ついて、多峯主山へ。
途中、「まむし注意」の看板があちこちにありましたが、目についた看板はコレ
CA3J1193.JPG
牧野富太郎さんが発見されたという飯能笹。

天覧山から約30分で多峯主山山頂着です。
CA3J1191.JPG

やはり富士山は見えず・・・いや、富士山を見たかったわけじゃないんですけど。
CA3J1195.JPG
10時前でしたが、山頂は賑わっていました。

アスファルトの道に出るまでの間にトイレが2ヶ所もありました。ファミリー向けのコースなのかもしれませんね。
そのうちの↓こちらのトイレは手持ちの地図には載っていなかったので最近設置されたものと思います。
CA3J1196.JPG


道路に出て、八耳堂というところを通る予定でしたが、ドレミファ橋を渡ったところで「川沿いに歩けます」という看板があったので、予定を変更して川沿いを歩きます。
吾妻峡
CA3J1197.JPG

途中、名前のついた岩がいくつかありました。これは何岩でしょう?
CA3J1198.JPG
うさぎ岩(^^)
川沿いを歩いている間は、誰にも会いませんでした。貸切です♪

吾妻峡を抜けてアスファルトの道に戻り、飯能河原へ。
CA3J1199.JPG
桜はまだ5分咲きくらいかなという感じ。

休憩時間をいれても3時間歩いていないし、高低差もあまりない道だったのですが、次の日は軽~い筋肉痛(^^;)
運動不足ですね、、、
これからのシーズンに向けて、運動不足解消しないtいけないですね(^^;)

ちなみに、
「多峯主山」は「とうのすやま」「とおのすやま」どちらのふりがなが正しいのか不明です(^^;)


posted by とも at 21:50| Comment(0) | 散歩 | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

麦草峠周辺・・・

(自分用のメモです^^)
2016年10月31日~11月1日
八ヶ岳、と書きたいところですが、山に登ってないので、麦草峠周辺・・・です(^^;)

麦草峠に着いたのはお昼ちょっと前。
CA3J1073.JPG
明日は山に登るから~ということで、チョコット散歩、と雨池まで往復しました。

木道がある道もあるのですが、木と木の間にすき間があるところがあって、転ばないようにと意識して歩くと疲れます(^^;)
登山道も、大きな黒っぽい石がゴロゴロしていて、ちょっと歩きにくい感じ、、、

CA3J1076.JPG
林の中ではそれほど感じなかった風ですが、雨池に着くと風が強くて寒かったです、、、池の側でお昼ご飯を食べてすぐに引き返しました(^^;)

苔の森、というだけあって、苔が一面に生えていて見ていて飽きないですね~
CA3J1078.JPG


途中、鹿の声が何度か聞こえました。辺りをよく見ると、木の表面が食い荒らされているのかな、と思われる木が沢山ありました。沢山と言うか、ほとんど、と言ってもいいくらいでした。
麦草ヒュッテで、鹿の食圧についてのポスターがありましたが、鹿が多く食べているのは笹のようです。鹿侵入防止用ネットも一部張られているようです。

麦草ヒュッテに宿泊です。紅葉シーズンも過ぎたみたいだし、平日のせいか、貸切でした♪
未明から翌朝にかけて雨の予報だったのですが、うっすら星空を見ることもできました。

明け方。
雨だれの音がしていたので、予定時間を過ぎてもしばらく布団にもぐっていました。
この時すでに雨は止んでいたようで、ガスが屋根にあたって落ちている音だったようです。
暗いうちに、薄っすら雪が降ったようです。
CA3J1079.JPG

この日、6時間くらい歩く予定でしたが、あたりはガスって真っ白、眺望も望めないので山歩きは中止。白駒池までの往復としました。

雨池へ向かった道と国道を挟んで反対側。それだけの距離なのに、石の種類が違っていてビックリです。こちら側は、白っぽいというか黄色っぽいというか、軽石のような穴も見られる石が転がっている道でした。

途中、「白駒の奥庭」という看板があった場所。
CA3J1081.JPG


白駒の池
CA3J1082.JPG
白駒荘手前の展望台(?)からの眺めですが、ガスがかかってよく見えません、、、
そして白駒の池を1周。大きなマリモのような、岩なんだか木の根っこなんだか、苔がびっしりついた大きな塊がゴロゴロとしているような風景でした。(写真撮ってないや、、、)

ロープを張るための杭の上にも苔・・・
CA3J1084.JPG
CA3J1083.JPG


麦草ヒュッテから往復2時間弱でした。


その後・・・
カラマツがハラハラと散る道を下っていくと、青空が広がっていました、、、
CA3J1086.JPG
でも振り向くと山頂付近は雲の中でした。
来年は、今回歩けなかったコースを歩きたいと思っています(^^)
posted by とも at 13:03| Comment(0) | 散歩 | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

2016年10月10~12日 秋~冬へ その3

10月12日(3日目)

11日、夕方は雲に覆われ星空は無理と思っていましたが、
日付が変わる頃に、月が至仏山の上あたりで雲の向こうに見えていました。
もしかして、晴れる?

日付が変わったころに、外を見ると月はすっかり沈んでいて星空が広がっていました!
小屋の外に出て見ると、満天の星空☆
よーく見ると、薄っすら雲がかかっているのですが気にならないほどの雲☆

そのあと・・・
2時ころにもう一度外へ。
外の気温は、小屋前の温度計で1度。霜が薄ら降りていました。
外は、雲のない満天の星空が広がっていました(^^)
冬の天の川もわかります☆

この日出発したのは4時半すぎ。
気温0度。思ったほど気温は下がりませんでした。

朝焼けとなるか、微妙な感じの雲・・・
DSCN9374.JPG
そういえば、ここの道標、背が低くなりましたね(^^;)

歩いている間に、ザックにも霜が降りてました
CA3J1016.JPG


5時40分頃。
だんだん空が染まって行きます
DSCN9377.JPG

ここで朝のコーヒータイム(^^)
CA3J1020.JPG

至仏山にも日があたってきました
CA3J1021.JPG


尾瀬ヶ原に日があたりそうであたらない・・・
CA3J1029.JPG


7時前にやっと太陽が尾瀬ヶ原全体にあたりました
CA3J1036.JPG


龍宮十字路で少し休憩してから、長沢新道経由で富士見峠へ向かいます
CA3J1040.JPG

落ちたばかりの葉っぱたち
CA3J1043.JPG


ダケカンバは色づく前に葉っぱがかなり落ちてしまったようです。
CA3J1051.JPG

今シーズンは、残雪があっという間に消えてしまったり、台風がなかなか来ないと思ったら続けてやってきたり。9月は日照時間が少なかったそうで、いろんなことが重なったせいもあるのでしょうか、葉っぱの色づきはあまりいい色とは言えないようです。

富士見田代。ちょっと雲が出てきました。
CA3J1052.JPG
この後、冨士見小屋まで行きましたが、やはり閉まったままでした。
ちょうど1年前にここに泊まったなぁ~と思いながらしばらく小屋を眺めていました。
カーテンが開いて、小屋主さんが「久しぶり」と今にも出てきそうな気がします(^^)

ここの斜面の色づきも・・・
CA3J1055.JPG
紅葉は終わった感じですね(^^;)
雲が空を覆ってきて、天気予報通りな感じの空になってきました。午後は雨の予報・・・
雲が広がっているのですが、なんと、富士山が見えていました。
CA3J1057.JPG
アヤメ平で休憩しようと思いましたが、風が強く寒いので先に進みます。

横田代でコーヒータイム。
CA3J1058.JPG
ここから見る至仏山が好きです♪

鳩待峠にもうすぐ、というあたりの木々たち。
CA3J1068.JPG
この辺が一番キレイに見えました(^^;)

富士見峠から鳩待峠までの間、たくさんの人とすれ違いました。平日ですが天気が良かったせいでしょうか。
テレビ番組で、このコースが紹介されていた影響もあるのかな?

シーズン中の尾瀬は、今回が最後となります。
今シーズンは、最初も最後も、満天の星空が見ることができました(*^^*)


オマケ写真
_CA3J1027.jpg
posted by とも at 09:00| Comment(0) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする