2014年06月26日

2000年6月27日~7月3日

今年(2014年)はワタスゲの当たり年のようですね。
見に行きたいところですが、ちょっと時期がずれそうです。

--------------------------------------------------
これは2000年の写真です。

6月27日
0627.jpg


6月28日
0628.jpg


6月29日
0629.jpg


6月30日
0630.jpg

この日は、確か知り合いの知り合いがツアーで来ていて、一緒に見晴に泊まってました。

7月1日
0701.jpg


7月2日
0702.jpg


7月3日
0703.jpg
posted by とも at 18:00| Comment(0) | 2000年 | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

2000年6月20日~6月26日

これは2000年の写真です。

6月20日
0620.jpg


6月21日
0621.jpg


6月22日
0622.jpg


6月23日
0623.jpg


6月24日
0624.jpg


6月25日
0625.jpg


6月26日
0626.jpg
posted by とも at 18:00| Comment(0) | 2000年 | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

NHK「わたしの尾瀬」 写真展に行ってきました

渋谷まで用事があったので、出かけついでに写真展に行ってきました。
CA3J0260.JPG

入賞作品はWEBでも見られますが、やっぱり写真でみると違う絵に見えます。

写真を見ていて、ちょっと気になったのですが。
至仏山へ柵立て作業に向かう人の写真の解説に、「マルカン(金属の柵)を杖に登っていく」というようなことが書いてあったと思います・・・
マルカンにもストックのキャップみたいなキャップをつけて、杖にして欲しいなぁ~~~

写真を見ていたら、受付に座っていた方が「どうぞ」と作品一覧と尾瀬ハイキングガイドを持ってきてくれました。
CA3J0263.JPG
これって、ビジターセンターで「50円程度お願いします」なパンフレットと同じ?と思いながら、いただきました。こういうパンフレットを隅々まで読んだのは久しぶりでした(^^)
posted by とも at 12:11| Comment(0) | 2014年 | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

2000年6月13日~6月19日

これは2000年の写真です。

6月13日
0613.jpg


6月14日
0614.jpg


6月15日
0615.jpg


6月16日
0616.jpg


6月17日
0617.jpg


6月18日
前日、知り合いがツアーで来ていたので見晴に泊まっていましたので、見晴で撮影した写真です。
0618.jpg


6月19日
0619.jpg
posted by とも at 18:00| Comment(0) | 2000年 | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

2000年6月6日~6月12日

そろそろ水芭蕉ピークのころではないでしょうか?
今年は、花の数が増えてから大きな霜が降りなかったと聞きました。
そのせいか、今年は水芭蕉がいつもよりきれいに見えました(私だけ?)

今年(2014年)はワタスゲの当たり年のようですが、
これから花に影響するような霜が降りないよう願っています。

----------------------------------------------------------------
これは2000年の写真です。

6月6日
0606.jpg


6月7日
0607.jpg


6月8日
0608.jpg


6月9日
0609.jpg


6月10日
0610.jpg


6月11日
0611.jpg


6月12日
0612.jpg


posted by とも at 18:00| Comment(0) | 2000年 | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

2014年5月29・30日 その6 尾瀬で幸せになれる場所?

おまけの写真です。

この木を見つけたら、幸せになれるかも?の木です(^^)

ハートの木
CA3J0211.JPG


しかも2つのハート
CA3J0212.JPG
posted by とも at 15:45| Comment(0) | 2014年 | 更新情報をチェックする

2014年5月29・30日 その5 いつもの風景

東電小屋前より。
東電小屋本館側にあった桜は、病気かなにかで枯れてしまったそうです。
それにしても、スッキリして眺めがよくなりました(^^)
CA3J0208.JPG


弥四郎小屋前ベンチより。
CA3J0214.JPG


下田代・通称ガニマタ。
CA3J0215.JPG

だれかがここを「じゃぁね、のところ」と言ってました。
木道が分かれているので、「じゃぁね」と言って別々の木道を歩くから、らしいです(^^)

水芭蕉ビューポイント。私はずっと「写真場」と呼んでいます。
CA3J0221.JPG


逆さ燧ケ岳の池塘のところ。私はずっと「三本シラカバ」と呼んでいます。
CA3J0223.JPG


雪解け水で、尾瀬ヶ原が湖のようになりこの時期だけ“逆さ至仏山”が見られます。今年はすでに水が引いているので見られませんでした。
CA3J0225.JPG

大雨の時も、水があがれば“逆さ至仏山”が見られるかもしれませんが、そこまでの雨が降るとなると相当な大雨です。そんな雨の日は尾瀬を歩かない方がよいでしょう。

至仏山見晴台、と呼んでいる場所。
鳩待峠から山の鼻へ向かう途中、最初の沢(鳩待沢)を渡って少しあるいた所です。
CA3J0235.JPG
posted by とも at 15:42| Comment(0) | 2014年 | 更新情報をチェックする

2014年5月29・30日 その4 であい橋付近

であい橋・・
牛首からヨッピ吊り橋へ向かう途中、拠水林のところにある橋です。
橋の名前がない、というので、以前私が勝手に名づけました(^^)
下の大堀川とヨッピ川が“であう”場所、という意味です。

雪解け水で増水し川幅が広がって、逆さ燧ケ岳が見られます。
CA3J0191.JPG


この風景をみて、思わず「えっ?」と思ってしまいました。
いつもなら、であい橋の下は水が流れているので、こんなにきれいに木が映って見えることはないからです。
川の水の流れが止まっている・・・?
CA3J0192.JPG
CA3J0193.JPG


いや、水の流れは止まっているわけじゃなかったです(^^;)
水の流れは、であい橋の下ではなく、拠水林の中にありました。
CA3J0195.JPG
posted by とも at 15:30| Comment(0) | 2014年 | 更新情報をチェックする

2014年5月29・30日 その3 30日朝。

夜は満天の星空。
星が出ている時間から歩こうかと思いましたが、息が白くなるほどだったので無理はしないことにして、うっすら明るくなり始めた時間から尾瀬ヶ原へ向かいました。

4時を過ぎるとうっすら空が染まっていきます。
CA3J0186.JPG
CA3J0187.JPG


霧がでたり、消えたりするなか、以前見た“ダイヤモンド燧ケ岳”を見ようと歩きます。

先客がお二人。お一人は尾瀬の常連さんらしく、もうお一人は遠方から来られたとのこと。お菓子をいただき、一緒に日の出を待ちました。
CA3J0197.JPG
CA3J0206.JPG
posted by とも at 15:17| Comment(0) | 2014年 | 更新情報をチェックする

2014年5月29・30日 その2 シカ対策

シカによる食い荒らし(と言ってもいいですよね)が目立つようになって、何年経ったでしょう・・・

今回は、見本園と中田代でこんなものを見ました。

↓研究見本園
CA3J0182.JPG
CA3J0183.JPG


↓中田代(龍宮~龍宮十字路間)
CA3J0219.JPG


シカが柵内に入らなければ、植物を食べられることがないから花が咲く?
・・・ということでしょうか?

調査実施中、ということですので、調査報告みたいなものが見られるようでしたらぜひ見たいです。
posted by とも at 15:08| Comment(0) | 2014年 | 更新情報をチェックする