2016年06月29日

2016年6月24~25日 またまた尾瀬へ その3(至仏山)

鳩待峠に着いた時、また至仏山の山頂は見えなくなってました。
昼食を済ませ、至仏山へ向け出発です。

前日の雨のせいか、登山道は沢となった跡が残っています。
CA3J0714.JPG

雨上りにはこんな出会いも。
CA3J0715.JPG


今シーズンは6月23日から鳩待峠~山頂間の登山道は閉鎖解除となりました。山の鼻~山頂間は、工事のため通行できない、ということでしたが、鳩待峠~山頂間の登山道でも工事が行われているところがありました。

ヘリコプターで運ばれてきた木道となる材木
CA3J0716.JPG
2キロ道標前後の木道が取り換えられるようです。

登山道脇でやたら木々の花たちが多いなぁ~と感じます。
ミネカエデ
CA3J0717.JPG

ベニサラサドウダン
CA3J0719.JPG
ほとんど咲かない年もあるのに、ベニサラサドウダンたちはこれでもかというくらいの花の数でした(^^)
ナナカマド等も花が沢山ついてました。

原見岩より・・・燧ケ岳も尾瀬ヶ原も見えません(T_T)
CA3J0718.JPG
この辺りのミネウスユキソウは、あと1週間くらいで見頃かな~という感じ。

イワカガミは・・・
CA3J0720.JPG
前日の雨のせいか落ちてしまったところもありましたが、これだけ集まって咲いていると思わず立ち止まって眺めてしまいます(^^)

そしてオヤマ沢田代に到着
CA3J0721.JPG
ん?
なんだか尾瀬ヶ原より緑が濃い気がするぞ??

すぐ上のベンチ付近
CA3J0722.JPG
お花畑が広がっているのですが、そんなことが全然伝わらない写真です(汗
、、、これしか撮ってなかったです(反省
風が強くて寒かった~・・・ので、写真もテキトーです(っていつものことかな?

風でブレブレのオゼソウ(^^;)
CA3J0723.JPG
風が強いと感じたのは、このベンチ付近のみ。ほんの少しの距離で風の強さが随分違います。

このベンチの先、小至仏山~至仏山山頂までの道も、お花たちが沢山咲いている、との情報がありましたが、時間もないので引き返しました。

原見岩まで戻ってくると・・・
CA3J0725.JPG
燧ケ岳が見えていました。尾瀬ヶ原は雲海のように見えます。

予定外の至仏山。天気もイマイチ。
でもこの日至仏山へ行ってなかったら、このお花たちに会えることはなかったでしょう。

今シーズンは、久しぶりに至仏山山頂へ立ちたいと思っています(^^)




そしてこの次の日にはココへ行ってきました(^^)
むかーし、ツアーで尾瀬に来た時に、ココがセットになっていて歩いたのを思い出しました。残念ながら、山頂まで見えませんでした。
CA3J0732.JPG
posted by とも at 06:00| Comment(2) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

2016年6月24~25日 またまた尾瀬へ その2

2日目(6月25日)

降り始めた雨は一時小降りになったりしていたのですが、夜になってからどしゃ降りと言っていいほど強い雨となりました。夜中に雨音で目が覚めたほどです。

そして迎えた朝
CA3J0696.JPG
なんとか雨が止んだという感じです。それからしばらくの間は小さな雨粒が降ったり止んだりしてました。

東電小屋から東電尾瀬橋に向かう途中、見られた葉っぱ
CA3J0697.JPG
ここだけでなく、他でもこんな葉っぱが見られました。霜の影響でしょうか?

東電尾瀬橋横の湿原
CA3J0698.JPG
茶色くなってしまった葉っぱも目立ちますが、
CA3J0699.JPG
ナツトウダイの黄緑色もキレイです。

夜の雨で増水したようです。尾瀬の池塘も水位が下がっていましたが、この雨で少しは水が増えたでしょうか。
CA3J0700.JPG


そして朝食はココで。
CA3J0701.JPG
ちょっと雨に降られましたけど(^^;)

三条の滝まで行こうと思ってたのですが予定変更で平滑の滝までは行きました。
前も三条の滝に行こうと思いながら行かなかったので、今シーズン中にはなんとか行きたいなぁ~と思います。
CA3J0704.JPG
雨のせいか、水が濁っていました。

その途中でみられた、ナメクジたちの三角関係?!
CA3J0703.JPG
一度に3匹見たのは初めてかも。

それから見晴経由で鳩待峠へ戻ります。見晴で久しぶりにコーヒータイム
CA3J0706.JPG

雨はすっかり止んで、木道が乾き始めていました。
CA3J0707.JPG


予定を変更したのは、至仏山の花がすごいことになっている、という話をあちこちで聞いたからです。とにかく花が一気に咲いた感じ、ということです。
お花は来週まで待ってくれませんから行かなくちゃっ!

でも、至仏山は霧の中・・・
CA3J0709.JPG
でもでも、行きますよ~っ
足早に尾瀬ヶ原を駆け抜けます。

山の鼻のイワツバメたち
CA3J0711.JPG
2mくらいまで近寄っても逃げません。随分人なれしちゃったみたいですね(^^)

CA3J0713.JPG
鳩待峠へ向かう途中、見えなかった至仏山の姿が山頂まで見えました。
そして、お花の至仏山へ向かいます(^^)


この日見つけた面白い花?
CA3J0702.JPG
一瞬、見たことのない花がある!と思ってよーく見ると、タテヤマリンドウでした。花びらが残ったまま、その上に種ができていたようです。
posted by とも at 06:00| Comment(0) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

2016年6月24~25日 またまた尾瀬へ その1

1日目(6月24日)

先週に続き、この週末も尾瀬です(^^)
天気予報通り?、途中から雨が降り始めました。それほどひどい雨にならなかったので助かりました。

鳩待峠出発時は・・・
CA3J0667.JPG
至仏山も山頂まで見えています。例年だと残雪が見えていてもおかしくないのですが、もうすっかり雪は見られません。今シーズンは、鳩待峠~山頂間の登山道は6月23日から通行可能となりました。

以前撮影していた定点ポイント
CA3J0674.JPG
CA3J0675.JPG
ズミの花はすっかり終わりです。

今年は、オゼコウホネの花が数が多くみられるような気がします。
CA3J0676.JPG


逆さ燧の池塘
CA3J0677.JPG
このあたりから雨が降り始めました。

ワタスゲもそろそろ終わり・・・
CA3J0679.JPG

牛首分岐を過ぎたあたりで思ったのですが、なんだか尾瀬ヶ原が秋のように薄茶色です。
CA3J0681.JPG
6月上旬に霜が降りた影響で葉っぱの先の方が枯れてしまったのでしょう、茶色く変わっています。そのせいで、尾瀬ヶ原全体が薄茶色に見えています。緑に燃える尾瀬ヶ原、のはずが、まるで秋のような尾瀬ヶ原になっています。まだまだ緑の葉がでてくると思いますが、今後どんな色に変わっていくでしょうか。

まるで秋のような、といえば、こちらもなんとなく色づいてます(^^;)
CA3J0688.JPG


そんな秋の色とは対照的な、黄緑色に染まるヤマドリゼンマイ
CA3J0683.JPG
ヤマドリゼンマイも霜の影響で一度は全滅か、と言われていたようです。こげ茶色見えるところが、おそらく霜でやられてしまった部分です。
CA3J0689.JPG
このヤマドリゼンマイの黄緑色が、雨のせいで濡れているせいもあったのでしょう、とてもあざやかで、蛍光色のような黄緑色に見えました。
ヤマドリゼンマイの黄緑色と同じくらい、ナツトウダイ(オゼヌマタイゲキも?)の黄緑色も見事でした。

この根元の、黄緑色とオレンジ色の部分
CA3J0693.JPG
15センチくらいの小人になって、この林の中を歩いてみたくなりました♪

ニッコウキスゲが数輪咲いているのを見ました。つぼみが見られましたが、まだまだ数が少ないようです。今シーズンは全体的に数が少な目なのか、霜にやられてしまったのか、それとも今から背を伸ばす花たちが控えているのか・・・

例年なら、今の時期にみられるレンゲツツジですが、今年は霜の影響で花がやられてしまったようです。
尾瀬ヶ原の中に、レンゲツツジのオレンジ色がポツリポツリ、一輪挿しのようにところどころありました。

今年は雪が少なかったせいで、いろんな花が早い!っと言われていますが、そろそろ花暦が例年通りに追いついてきているのかなぁ~、っと感じます。

そして今夜は・・・自炊です(^^)
一度やりたかったんですよねーっ、尾瀬の風景を見ながらご飯を食べること。
CA3J0695.JPG
「ん?先週と同じメニュー?」っとつっこまないでくださいね(^^;)


この日見つけた面白い花?
CA3J0687.JPG
木道に張り付いたせいなのか、花びらがスケスケになってました(^^)
posted by とも at 16:40| Comment(0) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

2016年6月18~19日 会津駒ヶ岳 その4

富士見林道は、駒の小屋から最初はグッと下る感じで、あとは多少アップダウンはあるもののほぼ平坦、稜線の道は眺めもステキです。

そして今日も天気がよいのが何よりです。
梅雨の晴れ間の穏やかな天気に恵まれたことに感謝です(^^)

少しあるくと、黄色いスミレが咲いていました。
アヤメ平あたりで見る、あのスミレと同じかもしれません。

もう1枚くらい写真を撮っておけばよかったです、登山道沿いにたくさん咲いている場所もありました。

振り返ると、駒の小屋、会津駒ヶ岳が見えます。
あ、虫が写ってますね(^^;)

花の写真は撮ってないですが、この道、たくさんの花が咲いていました。
イワカガミ、タテヤマリンドウ・・・もちろんハクサンコザクラも。
シナノキンバイは当たり年だそうです、斜面にたくさん見られました。
お花もたくさん、天気も良いせいか、とても気分よく足が進みます。

途中の湿原


こんなに天気がいい日曜日なのに、ほとんど人と会うことはありませんでした。
この時期の会津駒ヶ岳は穴場かも?と思ってしまいます。もちろん、今年は雪が少なかったおかげでこんなに快適に歩けるわけですが、例年だったらまだ花も咲いていなくて雪が残っている場所があったのかもしれないです。

大津岐峠より燧ヶ岳

歩いていると、燧ヶ岳がどんどん近くなってくるのを感じました。
この分岐からキリンテへ向かって進みます。

キリンテへ向かう道は、滝沢登山口への道と比べると道幅が狭く、足元まで花たちが迫っている感じです。
途中の足元に広がる“マイヅルソウロード”が印象的です。
針葉樹の道は森の香りが広がっていて、その香りを持って帰りたくなるほどですね。

針葉樹から広葉樹にかわるとブナの緑が広がります。
大きなブナももちろんありますが、比較的若いと思われる細めのブナがたくさん集まっている場所がありました。斜面に立つブナは、雪で倒されてしまったものも見られますし、根元あたりが大きく曲がりながらも空に向かって大きく育っているものも見られます。雪の多いところではよく見られる風景かもしれません、改めて見るとその姿が、痛々しく、そしてたくましく感じました。


シダの緑がとてもキレイ

それから30分ほどで、キリンテ登山口へ到着しました。


初めて歩いた道。

尾瀬エリアでも、まだ歩いたことがない道があります。
今シーズン中に歩きたいと思っています。
posted by とも at 06:00| Comment(0) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

2016年6月18~19日 会津駒ヶ岳 その3

21時頃部屋に戻りますがなかなか寝付けず・・・それでも少しは眠っていたようです、気が付いたら23時半をまわったくらいだったと思います。

外に出てみました。

星座は少し位置を変えています。
うっすらとかかる雲はそのままです。
寝る前は気が付かなかったのですが、遠く街の明かりも見えています。
月は、あたりを照らしていて、会津駒ヶ岳山頂もきれいに見えています。
風はなく、いつまでも見ていたい眺めです・・・が、寝不足になっては翌日歩けなくなってしまいます(^^;)
眠らずにいられることができるなら、ずっとそこにいたかもしれないですね。


2日目(6月19日)

そして再び目が覚めたのは3時すぎ・・・
外はもう、明るくなり始めていました。
このまま太陽が昇ってくるまで待っていてもよいのですが、寝不足が心配で再び部屋へ・・・
といっても、少し横になったくらいで、やはりまた外へ出てしまいました。

4時過ぎ。もう朝焼けが始まっています・・・


風はほぼなく、駒ノ大池も鏡のよう・・・


日が昇るときの、光る木道が好きです(^^)


日の出を見たら一安心!?
再び部屋へ戻って寝ちゃいました(^^;)
同室の人はみんな、日の出をみたら布団にもぐっていました。
みんな考えていることは同じだったようです(^^)


間違いなく睡眠不足だったでしょう、いつまでも寝ていたい気分でしたがそうも言ってられません(^^;)

日の出とともに、またブヨがでてくるかな~と思ったら、夕暮れ時と同じく数は少なくて、安心して外で朝食をとることができました。
こんな風景を見ながら食べる朝御飯。何を食べてもおいしいはずです。

御飯を食べ、コーヒーを飲んで、名残惜しいですが出発です。
今回は、今まで歩いたことのない富士見林道からキリンテへ向かって下山します。
posted by とも at 06:00| Comment(0) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

2016年6月18~19日 会津駒ヶ岳 その2

中門岳から駒の小屋へ帰ってくると、ベンチは宿泊者のみなさんでにぎわっています。

早速晩御飯タイム♪
今日はパスタです♪
CA3J0634.JPG
もうちょっと山ご飯のメニューを充実させたいなぁ・・・(^^;)

ブヨ(ブユ)がもう飛び回っている、という話を聞いていたので、虫よけネットを持っていきました。辺りが暗くなるにつれ、目の前にブンブン飛び回るブヨが現れてきます。でも、夏のピークのような虫の数ではなくて助かりました、虫除けネットのお世話になるほどではなかったです。今回もまた刺されるかと覚悟してたんですが、今回は1ヶ所しか刺されずにすみました(^^;)

まるで夕凪のような・・・

駒ノ大池が鏡のようになり・・・


鏡のように映るのがおもしろくて、みなさん記念撮影タイムです。
私も真似して記念撮影です♪


夕食を食べていた時、すでに東の空に白い月が昇っています。
駒ノ大池の周りには少し雪が残っています、防寒着は必要ですが思っていたほど冷え込みはありません。

うっすら雲がかかっていたので、夕焼けになるかなぁ~っと思っていたら・・・

ここで、ずっと日の入りを見ていました。
駒ノ大池にはこの夕景が映っていたことでしょう。

夏至が近いこの日・・・夕日が沈むのを見ていたら、もう19時半になっていました。駒の小屋の消灯時間は20時です。同室の人に迷惑かけないよう、荷物を片づけいったん部屋に戻り、寝床を整えてからまた外へでました。

あたりはもうすっかり暗くなっています。
でも、満月に近い月があたりを照らしてくれているので、懐中電灯はなくても歩けるほどです。
風はまだ止んだままで、駒ノ大池も鏡のまま・・・
駒ノ大池にも月がきれいに映っています。
こんな風のない穏やかな日は滅多にないそうです。

星空は・・・
空はうっすらと雲がかかっています。
月の明るさもあって、天の川を見ることはできません。
その雲と、月の明るさで、星と星をつないで星座を作るのが大変です。
それでも、時々雲が流れ、
なんとか明るい星はどの星座か確認することができました。


駒ノ大池に映る、満天の星空を見てみたかった・・・

でも、
こんな穏やかな月明かりの夜、
ここにいられるということだけで、とても幸せな気分になれました(^^)

posted by とも at 14:30| Comment(0) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

2016年6月18~19日 会津駒ヶ岳 その1

1日目(6月18日)

梅雨・・・この日に会津駒ヶ岳へ行こうと計画した時は、雨でも仕方ない、、、と思ってましたが、なんと梅雨の晴れ間がドンぴしゃり!? 最高の天気に恵まれた2日間となりました(^^)

滝沢登山口に着いたのは7時半頃。早速スタートです♪
前日の田代山が準備運動になったのか、なんだか体が軽いです、でも荷物は重いです(^^;)
登りはじめは意識してゆっくりゆっく~り登ります。最初にゆっくりと歩くことで体が楽になるような気がします。

少し雲がある空・・・ところどころ青空も見えていて、見上げるとブナの緑がとてもキレイ~♪ 
時々太陽も顔をだし、辺りを輝かせてくれます(^^)

歩けば汗をかきますが、ちょうどよい風が吹いて、とっても気持ちイイ~♪

6月に会津駒ヶ岳へ行くのは今回が初めて。土曜日なので日帰りの登山者も多いと思ってましたが、登山者は思っていたほどではなく、追い越し追い越されする人もほとんどいなくて静かな登山道。7・8月に比べると登る人は少ないようです。

歩き始めて約2時間、水場に到着です。夏は水汲み待ちの列ができていたこともあります。

今年は雪が少なかったこともあり、全国的に水不足が心配されていますがここも例外ではないかもしれません。貴重な水です、涸れないとよいのですが。

水場から湿原のベンチまでの間、歩いている時間はいつもと変わらないくらいですが、なんだかいつもより短く感じました。いつもなら汗ダラダラになってしまう道、6月のせいなのかそれほど汗かくこともなく、心地よい風に助けられたせいかも(^^)

湿原にでると・・・
CA3J0615.JPG

ハクサンコザクラが咲いているとは聞いてました、でも、もうこんなに咲いている?!?!
雪解けが早かった場所は、もう満開といってもいいでしょう。イワイチョウの花もポツリポツリですが咲いています!

もちろん、ハクサンコザクラは葉っぱが出たばかりの場所もありますので、まだまだ見ごろは続きますよ~
CA3J0620.JPG


湿原を緑色に埋め尽くしそうなイワイチョウの葉っぱたち
CA3J0618.JPG


遠くに見える、燧ケ岳、至仏山、景鶴山・・・ちょっと霞んでますが、尾瀬も天気がよかったようですね~
CA3J0622.JPG


小屋へ荷物を置いてから、中門岳へ向かいます。今回も?会津駒ヶ岳山頂へは行かず(^^;)
雪が残っていたのは、この見える範囲くらいです。もうすぐこの雪もなくなるでしょう。
CA3J0623.JPG


奥から手前へ雪が解けていったのでしょう、緑が奥の方から迫ってきているように見えませんか?
CA3J0626.JPG

この日はやたらイワイチョウの葉が目に入ってきました。緑色が光の加減かところどころ光ってみえて、緑のジュウタンが広がっているようです。

こんな小さなハクサンコザクラも・・・
CA3J0624.JPG
この子たちが咲くのはあと何日後でしょうね~

中門岳に到着
CA3J0627.JPG
貸切です~!
道標の先まで行きました、ここまで来るのは2度目かな?写真写りが悪い・・・(^^;)
CA3J0629.JPG


青空へと続く道
CA3J0630.JPG

今回は、ホント天気に恵まれたと思います!



そして、今回のオマケ写真♪
ハクサンコザクラ たくさん咲いてたよ~
中門岳オコジョちゃん.jpg
posted by とも at 06:00| Comment(2) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

2016年6月17日 田代山

田代山へ行くのはこれが3回目。
前2回は9月に行っていたようですので、6月の田代山は初めてです。
昨年、ワタスゲ咲く田代山を歩く夢を見て、それが正夢となりました(^^)
以前、"キンコウカが咲いている頃に来た"と記憶していたのですが、"キンコウカが紅葉し始めたころに来た"のが正解でした(^^;) 
ブログにはアップしているものの、ノートに記録するようなことをしていないせいか見返すこともなく、いつどこに行ったのかという記憶が曖昧になってきているようです・・・ちょっと整理した方がいいかなぁ~

梅雨・・・天気ばかりが気になっていましたが、こればっかりは日にちにあわせて選ぶことができません。この日も未明は雨が降っていたようです。登山口に着いた頃には雨はすっかり止んでいて、青空が見え隠れしていました。猿倉登山口から出発です。

久しぶりに山登りをする気分で出発です。

雨上がりの蒸し暑さはありますが少し汗ばむ程度、時々吹く風が気持ちよくさせてくれます。
登山道脇には、お花が沢山咲いています、名前を忘れてしまっている花もありました、ん~少し復習しないといけませんね、、、まだ見たことがなかった花もありました。

ほぼコースタイム通りで小田代へ到着。

登山道から湿原に出た時の、視界が広がる瞬間が好きですね♪
急に風も強く感じるようになります。
ワタスゲはまだ濡れていて、フワフワ感がイマイチ・・・タテヤマリンドウ、イワカガミ、ヒメシャクナゲ、なかでも尾瀬ヶ原でも今年当たり年(?)のタテヤマリンドウの花の多さ、色の鮮やかさには感動です!(写真がないですけど^^;)

小田代から少し登れば、田代山の湿原へ到着です。
地平線が見える場所!

ここの木道は、反時計回りの一方通行となっていて、「歩き出したら元に戻れない」と思いながら歩くと風景がまた一味違って見えてくるかも? 時間があれば、何周もしたいですね♪

ワタスゲが乾いてフワフワになるには、もう少し時間が必要だったようです(^^;)
CA3J0609.JPG

あぁ~夢にみた風景に本当に出会えるとは思ってもみませんでした(^^)

田代山の湿原から、帝釈山方向へほんの少し進んだところにオサバグサも咲いていました。花のピークは過ぎていたようです。



新しくなったトイレ。なんと水洗です(簡易水洗)。
雨水をタンクに貯めて水を確保しているようでした。
建物外観の写真はよく目にしますが、中がどんな風になっているのかわかりませんでしたので見学してみると・・・
建物が新しいこともありピカピカです、しかも毎日きれいに掃除してあるように思えるほどピカピカです。私が行った時もトイレの点検と思うのですが作業をされていた人がいらっしゃいましたので、本当に毎日清掃に来られているのかもしれません。水栓なので、水の管理も大変だと思います。

男女兼用のトイレで、大便器1、小便器1と思います(小便器は確認しませんでした)。
トイレ内は土足厳禁、登山靴のまま入らないことでドロドロになってしまいがちな便器回りがキレイに保たれています。土足厳禁と行っても登山靴を脱いでスリッパに履き替える必要はありません。登山靴を履いたままで履ける大きなスリッパが用意されていて、そのスリッパを履いて利用する出来るようになっています。
キレイなトイレを利用できることに感謝して利用させていただきました。もちろん協力金も忘れずに。



そして、今回のオマケ写真♪
ワタスゲの中に・・・
田代山のオコジョちゃん.jpg
posted by とも at 11:38| Comment(0) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

2016年5月28~29日 もう初夏の尾瀬?? その3

龍宮十字路から至仏山を見ると・・・
CA3J0581.JPG
7月上旬と思うような至仏山の姿。
それにしても、いい天気♪ 青空が気持ちいい♪

尾瀬ヶ原でもこんなにたくさんの花が顔を出しているのだから、至仏山でもいろんな花が咲き始めているのだろうなぁ~と想像します。
至仏山は例年、ゴールデンウィークが終わった頃から6月末まで入山禁止になっていますが、今年は残雪が少ないので早めに入山禁止を解除してほしいなぁ~と思います。至仏山へ入れるようになるまであと1か月、その間にいろんなお花が咲き終わってしまって、見られなくなっちゃいそうですね。

龍宮十字路から富士見峠へ向かい長沢新道を歩いていきます。
例年なら雪がたっぷりと残っていてもおかしくない道ですが、登山道脇に1ヶ所、ほんの少し雪が残っているだけでした。

富士見田代で一休み
CA3J0582.JPG
小さなミズバショウたちが咲いてました。

あのスミレちゃんも顔をだしてました(^^)
CA3J0583.JPG
木道と木道の間に咲いていたものを撮影しています。崖の方は葉っぱが見当たりませんでした・・・見つけられなかっただけと思いますが。。。
うっすら富士山も見えてました。

アヤメ平
CA3J0584.JPG
日曜日で天気もよいせいか、ベンチは満席(T_T)、、、なので横田代でのんびりしようと、アヤメ平は通過しました(^^;)

横田代へ到着。
いつものベンチに座り込みのんびり過ごします。
CA3J0585.JPG
こんな日にベンチで寝転がって昼寝をするのは最高でしょう~♪

尾瀬ヶ原ではもう終わっちゃう~のミズバショウ、横田代ではきれいな姿を見せてくれていました。
CA3J0586.JPG


歩いても汗をかかない程度で、
風が心地よく太陽が暖かい・・・いやちょっと暑かったかな?
こんな日に歩けたのはラッキーですね♪

あ、そういえば。
尾瀬ヶ原で蛇の姿を5・6回みました。東電小屋~東電尾瀬橋を過ぎたあたりまでの間でです。
こちらの気配に気が付くと少し木道から離れるのですが、しゃがみこんで見ていても逃げようとしません。思わず手を伸ばして触ってしまいました(^^)


おまけ。
横田代のベンチでオコジョちゃん発見!?
_DSCF0546.jpg
posted by とも at 12:35| Comment(0) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

2016年5月28~29日 もう初夏の尾瀬?? その2

2日目(5月29日)

前夜、星が見られればいいなぁ~と期待していましたが、真上に少し見えていただけでほとんどみられませんでした。
雨は降っていないようでしたが、夜は霧が濃くなり、霧の粒が屋根に溜まって落ちる雨だれの音がしていました。


早朝。
晴れそうな予感(^^)
CA3J0569.JPG
しっとりと濡れた木道は、高架になっている部分は凍っています。見た目では濡れているだけなのか凍っているのかわからない状態です。傾斜になっている部分は特に滑るので、しゃがみこんで這うようにして歩きます。

いつもの場所で日の出を待つことにします・・・
CA3J0571.JPG
太陽が出てくる方向は、靄に包まれています。

やっと見えてきた太陽・・・
CA3J0572.JPG
モヤモヤなので、山のシルエットもわかりません(^^;)

もしかしたら白虹が見られるかも?と見られそうな位置へ急いで歩き始めます。
集まっていた人が「あれが白虹だよ」と言っていましたが、白虹と思ってみれば白虹ですがビミョーな感じです。両端はなんとなくアーチを描いていますが、真ん中は青空で切れています。
CA3J0577.JPG
でも、白虹が見られたことにしておきます(^^)

雫を沢山つけたワタスゲ
CA3J0579.JPG
植物たちは雫でキラキラしています。


ところで・・・
この植物の名前が思い出せません(^^;)
紫の花が咲く・・・?
CA3J0580.JPG
いやぁ~名前が思い出せなかったものが結構ありました(^^;)

posted by とも at 06:40| Comment(0) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする