2016年07月23日

2016年7月18~19日 海の日は山へ! その4(至仏山)

ちょっと花の写真を並べます(^^)

まだ残ってました
DSCN9115.JPG


スポットライトを浴びるこのつぼみ
DSCN9116.JPG
ちょっと早いんじゃない?と思ったんですが、咲いているところもありました(^^)

目立っていたのは、花のピークをすぎたオオバツツジと、この花
DSCN9119.JPG


至仏山を振り返ります・・・
DSCN9123.JPG
確かあの花が咲いていたのはこの辺・・・っと、そこに着く手前で「もしかして通り過ぎた?」と行ったり来たりしてしまいました(^^;) 覚えていた場所は間違いなかったんですが、花は見られませんでした、、、

ホシガラスのギャーギャーという鳴き声が聞こえます。
何度か目の前に現れて、こっちを気にするそぶりも見せてくれます。写真は撮れませんでしたが、結構近い距離でホシガラスと会うことができました。

例年、雪が遅くまで残っている場所あたりで、まだたくさん咲いていました
DSCN9129.JPG


6月に来たときにはお花畑だった場所。花は入れ替わりましたが、たくさんの花が咲いています。ニガナがめだっているように思いました。
DSCN9131.JPG

この花に会うのも久しぶり♪
DSCN9130.JPG

ここのベンチでも少し休憩。

バスの時間までまだ余裕があるので、笠ヶ岳まで行こうかどうか悩みました、、、でもちょっと体力が心配なので、とりあえず悪沢岳まで行こうと分岐から笠ヶ岳方向へ向かいました。
ちょっと至仏山を振り返ります。尾瀬ヶ原からみる姿とは印象が違います。
DSCN9137.JPG

この道にはまだゴゼンタチバナの花が沢山咲いていました。そしてベニサラサドウダンも・・・
DSCN9139.JPG


そして悪沢岳をちょっとすぎて、笠ヶ岳が見えたあたりで、
DSCN9142.JPG
至仏山を振り返り、
DSCN9141.JPG
この辺りで満足して引き返しました(^^;)

オヤマ沢田代は、ワタスゲの果穂が残ってました。横田代よりキンコウカが咲いているなぁ~と感じました。でもキンコウカより、木道沿いのニガナの方が黄色が目立っているように見えました。
DSCN9146.JPG


原見岩より
DSCN9149.JPG
燧ケ岳の山頂は、見えているより雲に隠れている時間の方が長かったように思います。同じ日、燧ケ岳へ登っていた知人は山頂からの眺望はなかったと言ってました。

4時20分頃に山の鼻から登り始めて、山頂は8時前、鳩待峠へ下山したのは12時前。
のんびりのんびりの至仏山でした(^^)
写真をたくさん撮ってきて~の声に応えて、今回はちょっと写真を多めにアップしました(^^)
posted by とも at 18:00| Comment(0) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする

2016年7月18~19日 海の日は山へ! その3(至仏山)

2日目(7月19日)

夜中にも何度か目が覚めて窓の外を見ましたが、濃いガスに包まれたままでした。
朝3時すぎ。晴れていれば、出発しようと思っていた時間です・・・が、外は真っ白。鳥の声も聞こえないので出発時間を遅らせることにしました。

4時すぎ。もううっすらと明るくなっていて、ヘッドライトを用意して外に出ましたがもう必要ない明るさでした。
至仏山はまだガスっていて森林限界あたりから上は見えませんでした。でも今回は、至仏山に登りたくて来たので、悪天候になりそうもないので予定通り登山開始です。
東面登山道は工事をしていたということだったので、どこが工事されたのか気になりました。工事があったのは見本園の登り口のところだけでした、最初の橋と階段だけが新しく・・・
DSCN9068.JPG
こういうところがとても怖いです、、、

水玉がついて、なんだかカワユイ(^^)
DSCN9069.JPG


途中、ベニサラサドウダンが沢山咲いていたんだなぁ~と思える木がありました。今年は木々の花がとても多かったように思います。
森林限界の手前で、空がみえてきました
DSCN9072.JPG
朝焼けも日の出も見られませんでしたが、空が見えてくるとテンションが上がってきますね~

ちょっとモヤモヤしているけど、これから晴れちゃいそうな予感♪
DSCN9074.JPG


ベンチでしばし休憩です。燧ケ岳の山頂は雲に隠れたまま、でも尾瀬ヶ原が見渡せるようになりました。
DSCN9079.JPG

先週登った会津駒ヶ岳方向をみると、山頂周辺だけが雲の中です。登った時もこんな状況だったのかぁ~と思います(^^;)
DSCN9080.JPG

休憩後は、青空へ向かう階段を上って行きます(^^)
DSCN9082.JPG


尾瀬ヶ原ではほぼ終わってしまっているニッコウキスゲの花が、この辺りではまだまだ見頃。
DSCN9083.JPG


この辺りの木階段を早く何とかしてほしいです、、、
DSCN9087.JPG
傾いた階段を避けようと、階段の横を歩く人も多くいるのではないかと・・・

階段を登ると広がるお花畑~♪
DSCN9090.JPG

なんだか、タカネナデシコがすごい数です。花のピークの頃を見ていなかっただけかもしれませんが、、、
DSCN9095.JPG
DSCN9100.JPG
まだつぼみも多くありました。

高天原からも、さらに青空へ向かう階段が続きます♪
DSCN9102.JPG

振り返るとちょっとガスってますけど(^^;)
DSCN9103.JPG


こちらも久しぶりに会えました♪
DSCN9107.JPG


そして間もなく山頂に到着
DSCN9108.JPG

山頂から見える奈良俣ダムはやはり水不足のようです、、、
DSCN9109.JPG


一息ついてると、ガスが流れ始めました、、、でもこの一瞬だけ(^^)
DSCN9112.JPG
posted by とも at 06:00| Comment(0) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

2016年7月18~19日 海の日は山へ! その2(ちょこっと尾瀬ヶ原)

鳩待峠から山の鼻へ向かう途中・・・
連休の最終日ということもあったのでしょう、下山する多くの人たちとすれ違いました。

知る人ぞ知る? ETの木 (^^)
DSCN9047.JPG
久々に撮ってみました(^^)

鳩待峠を出発するころは、青空が見られていましたが、山の鼻へ着く頃には雲が広がっていました。
研究見本園では、寂しそうにニッコウキスゲが1輪・・・
DSCN9048.JPG

雲の間から見られた燧ケ岳、なんだかカッコイイ(^^)
DSCN9049.JPG

至仏山はすっかり雲の中に隠れちゃいました(^^;)
DSCN9053.JPG


見本園で目立ったのはコバギボウシです。ここでこんなに咲いていたのを見た記憶がありません。
DSCN9052.JPG


夕食後、少しだけ尾瀬ヶ原方向へ散歩しました。
燧ケ岳と至仏山はすっかり見えなくなってしまいました。こんな空だと星空は見られそうにありません(T_T)
DSCN9057.JPG
DSCN9058.JPG
ヤチヤナギが随分増えたように思います(大きくなっただけかな?)

ハクセキレイの幼鳥が4羽(兄弟?)、親鳥を追いかけるように飛んでいました。まだご飯をおねだりしていうようでした。

夜・・・蛍が飛ぶ頃に外に出ようと思っていたのですが、20時頃窓を開けるとなんだか雨だれのような音がしていました。雨ではなく、ガスが屋根に溜まって落ちていただけかもしれません。なんだか疲れてしまっていたのか、外に出たい気持ちより布団にもぐっていたい気持ちの方が勝ってしまい、そのまま寝てしまいました(^^;)
posted by とも at 18:00| Comment(0) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする

2016年7月18~19日 海の日は山へ! その1(アヤメ平・横田代)

2度目の富士見下からの入山です(^^)
天気よく、戸倉でバスを降りた時はムッとする暑さでしたが、富士見下へ向かう間、風は心地よく、スッとする空気の変わっていきます。
連休最終日、駐車場には数台の車が止まっていました。富士見峠へ向かう途中、数人の下山者とすれ違いました。

営業が終わってしまった冨士見小屋・・・
小屋の周りにロープが張ってありました。冬囲いははずされていますがカーテンは閉まっています。ドアを開ければ小屋主さんの声が聞こえてきそうですが、それはもう叶わないことなのでしょう。

出発直前まで天気予報とにらめっこしてました。予報が天気がよい方に変わってくれたので今回の尾瀬行きを決めました。天気予報で日程をコロコロ変えられるにもいいような悪いような・・・

この青空に感謝です!
DSCN9016.JPG

あまり目立たないですがキンコウカが咲いていました。ワタスゲの果穂も残っています。それにしても、気持ちよい青空です(^^)

そしてアヤメ平へ。
ニッコウキスゲが1輪、寂しそうに咲いていました。もうワレモコウも咲いています。適当に雲があり日差しはそれほど強くなく、吹く風は冷たくて心地よいです。
DSCN9020.JPG

思っていたほど、キンコウカが咲いていませんでした(T_T)
全体的に数が少ないように思います。
それから、全体的に背が低いなぁ~と感じました。
DSCN9025.JPG

ここでのんびり~と思いましたが、団体さんがやってきたのでベンチを譲って横田代へ向かいました。

おや、新しいプレートがついています。
DSCN9026.JPG
コレは登山道を管理しているところがつけたのでしょうか?道標と標高が1m違っていました(^_^;)

アヤメ平~横田代のベニサラサドウダン。今年は他の場所でも、あふれそうなくらいの花が咲いていましたが、ここもたくさんの花をつけていたようです。見てみたかったなぁ~
DSCN9029.JPG


途中でみられた、モウセンゴケの花もすごい数でした!
DSCN9032.JPG


横田代に到着・・・
DSCN9034.JPG

ここのキンコウカをみたくて来たわけですが・・・
DSCN9038.JPG
ちょっと花数が少ないようです(^^;)
アヤメ平でみたキンコウカと同じく、いつもよりちょっと背が低いなぁ~と感じます。
今年は雪が少なかった影響もあるのか、それともそういう花の周期なのか、いろんな花がいつもと違う咲き方をしているなぁ~と感じますね

この水平線が何気に好き♪
DSCN9042.JPG

横田代のベンチでしばらく休憩。
青空だけど、時々雲が太陽を隠してくれていて、優しい風が吹いていて、とても気持ちよく過ごせました。

横田代から鳩待峠側へちょこっと入ったところ
DSCN9044.JPG
ミズバショウよりもコバイケイソウがすごいことになってました(T_T)

久しぶりに会えました(^^)
DSCN9046.JPG


そして、鳩待峠から山の鼻へ向かいます。
posted by とも at 08:53| Comment(0) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

2016年7月13~14日 雨?の会津駒ヶ岳 その2

7月14日(2日目)

未明は時々雨が降っていたようです。
日の出前に起きたのですが、どうみても太陽は拝めそうにないのでまた布団にもぐりました(^^;)

6時前。
CA3J0767.JPG
雨は止んでいましたが、濃いガスが流れています。駒の大池も見えません、、、
なんとなく空が明るいですが、ガスは消えることがありません、、、
天気予報では、今日の方が天気がよいはずだったのですが、真っ白です、、、

小屋の前をウサギがのんびり歩いて行きました。
ここにもウサギさんは住んでいるんですね~

雨が降っていれば中止していた中門岳、でも雨が止んだので行ってきました。
先が見えないと、果てしない道にしか見えません・・・
CA3J0768.JPG
先が見えないとこんなにも長いのかと思ってしまいます。

中門岳へ続く道でも見頃のハクサンコザクラが沢山さいていました。
CA3J0769.JPG


行ってきたよ、の証拠写真?
CA3J0772.JPG
雨上がりのせいもあるのでしょう、ベンチの足元は水が溜まっていてのんびり座れる状態ではないですね。
ワタスゲの果穂が残ってました。

小屋へ戻り、コーヒータイム、そして早めの昼食を済ませてから下山しました。
下りは案の定、少し下がるとガスが切れ、下っていくほど天気がよくなりました。
天気が悪かったのは山頂付近だけだったようです。天気予報は当たってました(^^)
CA3J0774.JPG
posted by とも at 06:00| Comment(0) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

2016年7月13~14日 雨?の会津駒ヶ岳 その1

7月13日(1日目)

梅雨だから、雨が降ってもどうしようもない

っと思っていても、歩く日は雨が降るより降らない方がいい。
なんて都合の良いことをいつも思ってしまいます(^^;)
週間天気予報も見ていたけど、山へ行く日はどうも天気がよさそうではなく、
前日に見た予報では降水確率80%、、、
1時間当たりの降水量の予報は3~4㎜、っと結構降りそう(T_T)
こんな天気予報だから、登る予定を中止された人も多かったでしょう。

十中八九、降られている会津駒。
あぁ~また雨の会津駒・・・
そんな重たい気分でスタートした、今年2度目の会津駒ヶ岳。

滝沢登山口から登ります。
明け方、一時激しい雨が降りましたが、登り始めは小降りの雨。
思っていたほどの雨ではありませんが、レインウェア―は必要です。
雨降りなので、写真はほとんど撮っていません(^^;)
先月歩いたばかりの道ですが、あたりの様子はすっかり季節が進んでいます。

雨が激しければ、水場には寄らずに行こうと思ってました。
水場に着く頃には止んでいましたので水場に寄って行きました。水場の水はしっかりと出ています。
水場から先は雨に降られずにすみました。予報では、午後に向かってどんどん雨が強くなる感じだったのですが、予報が外れてくれて助かりました(^^)
途中、少しだけ周りの風景が見えました。厚い雲と雲海との間だけ、遠くの山が見えていました。

そして、湿原へでてきますが、やはり周りの風景はガスの中・・・
駒の小屋が見えるはずなのですが、見えません、、、
CA3J0759.JPG
こんな先の見えない道だと、果てしなく続いているようで遠く感じちゃいますね(^^;)

登山口から約4時間で駒の小屋へ到着です。
宿泊予約は何人かいらっしゃったようですが、他の人はキャンセルされたようで、小屋貸切状態です(*^^*)
あんな天気予報でしたから、他の山だったら私も登山中止していたと思います。

辺りはガスに囲まれてました。
小屋から、駒の大池が見られるだけまだイイかも。駒の大池さえ見られなかったこともありますから(^_^;)
CA3J0761.JPG

天気が良ければ中門岳まで散歩、と思ってましたがそれはあきらめて、駒の大池1周です(短すぎ!?)。
1か月前、ハクサンコザクラが咲いていた辺りはもうすっかり花は終わってしまっていましたが、雪が残っていた辺りはまだ花が咲き始めたばかりという感じです。
CA3J0762.JPG
こんなに長い間、ハクサンコザクラが楽しめる場所だったんですね~
もうしばらくの間、楽しめそうですよ(^^)

イワイチョウの花は残っているけど、イワショウブのつぼみも見られます。
チングルマは、一部で花満開、一部は果穂。
ネバリノギランが木道脇に目立っています。
キンコウカももうすぐ咲きそう。
イワカガミのきれいな花もまだあったなぁ~
ベニサラサドウダンは、花が沢山ついています。
オヤマリンドウも背伸びしていて、もうちょっとでつぼみがでてきそうな感じ。
季節が入り混じっていて、もう秋の気配が漂っていました。

夕暮れ時。
辺りが明るくなりました。
西の空が見えていて、もしかしたら夕焼けが見られる?とちょっと期待したものの、これで終わり。少しでも太陽の光が見られただけ良かったです。
CA3J0764.JPG

わずかな時間ですが、山頂もみえました。
CA3J0765.JPG


消灯時間に空をみると、雲の間に星が見えました。
ちょうど北斗七星の形に雲が切れて、7つの星が見えました☆


posted by とも at 08:01| Comment(0) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

2度目の高尾山

(自分用のメモです^^)
昨日(7/3)、ちょっと足慣らし?高尾山へ行ってきました。

前回歩かなかった1号路を登ります
CA3J0739.JPG

途中の展望台?
CA3J0740.JPG

少し日が差す程度ですが、動くとやっぱり汗が出てきます。
どんな道なのか知らなかったんですけど、コンクリート舗装の道だったせいなのか疲れちゃいました。

のんび~り歩いて、90分で山頂に到着。
そして今日もビジターセンターは見学できず・・(開館時間になってなかったですが、そもそもこの日は休館日)
CA3J0741.JPG

富士山は見えず・・・
CA3J0742.JPG


コンクリートの道に疲れたので、稲荷山ルートを歩いて戻りました。
前回来たのは土曜日で、下山した時は沢山の人がいましたが・・・
CA3J0743.JPG
平日ということもあり、閑散としてました。
またまた、名物グルメも食べずに帰ってしまいました(^^;)
posted by とも at 08:55| Comment(2) | 散歩 | 更新情報をチェックする