2017年05月05日

2017年5月2・3日 残雪の尾瀬 その2

5月3日。

朝、4時過ぎに山小屋をでて尾瀬ヶ原方向へ。
CA3J0015.JPG

川上川を渡るか渡らないか悩み、結局渡ったところで日の出待ち。
うっすら雲がかかっていて、少しだけ空が色づきました。
CA3J0016.JPG


原の川上川橋の拠水林のあたり、
CA3J0020.JPG
CA3J0022.JPG
木道の上の雪が割れ始めています。この雪が残っている時が一番歩きにくいですね、落ちてしまいそうで。

明け方はそれほど寒く感じなかったのですが、池塘の表面は凍っていました。
CA3J0023.JPG


雪がなくなると見られなくなるところから風景を眺め・・・
CA3J0024.JPG
CA3J0025.JPG
あちこち歩きすぎて、時間切れ(^^;)
もう少し先まで行きたかったのですが、この辺りで引き返しました。
CA3J0033.JPG


鳩待峠は、至仏山へ向かう人でにぎわっていたようですが、尾瀬ヶ原は人が多いと感じることもなかったですね。


posted by とも at 15:00| Comment(0) | 2017年 | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

2017年5月2・3日 残雪の尾瀬 その1

5月2日。
昨年と同じ日の尾瀬です。
昨年は雪がすくなくて、鳩待峠から尾瀬ヶ原への道はすっかり木道が出ていましたが、今年は残雪が多くずっと雪の上を歩くことになりました。

鳩待峠
CA3J0008.JPG
除雪で積み上げられた雪が山になっています。ミニ至仏山?(^^)

昨年と同じく、至仏山方向へ歩きます。原見岩あたりまで、と思って歩いたのですが、目印になるものがなにもなく・・・ここが原見岩あたりかどうか自身がないのですが、見晴がよかったのでこの辺りだと思います。
CA3J0009.JPG
尾瀬ヶ原は下田代まで真っ白です。

鳩待峠に戻ってから、山の鼻へ向かいます。冬道はすでに通れなくなっているようでした。
ほんの少しだけ木道が見えていました。
CA3J0011.JPG

テンマ沢の湿原は、少しだけミズバショウがありましたが、茶色くなっていました。花を咲かせるにはまだ少し早いようです。
CA3J0010.JPG


山の鼻の案内板は、ほんの少しだけしか見えていません。
CA3J0013.JPG
青色のビニールがかけてあるところが案内板の位置です。

原の川上川橋。
CA3J0014.JPG
橋が雪より低い位置になっています。残雪の多さがわかりますね。

この時期に気になることといえば・・・
CA3J0019.JPG
雪のない木道や橋の上のキズ。
アイゼン等で歩く人がいるので、傷だらけになってしまいます。
はずすのが面倒かもしれませんが、アイゼン等は外して歩いてほしいですね。

この日は雲がほとんどなく、青空が広がっていました。
夜は、月と、星たちがたくさん見えていました。満天の星空でした。



おまけ。
冬毛のオコジョを見たよ!?
おこじょ.JPG
posted by とも at 15:05| Comment(0) | 2017年 | 更新情報をチェックする