2019年06月30日

2019年6月30日

393B5AB6-3BB2-498C-A204-ECCDE09DF26A.jpgFE5FB084-5A9C-4613-B258-140EEE9A7D48.jpg32C31B16-8692-4DF9-8576-3133160BA978.jpg
昨夜からの雨が朝も降っていました。昼前には一時激しい雨となりましたが、午後から雨はやみ、一時日が差し青空も見えました。
夕方にはまたガスってしまいました。
天気予報通りの天気だったように思います。

朝の原の川上川橋。やはり少し水位が上がっています。
58603B9D-5903-4910-BCA0-9811F2CAE9FF.jpg
14時過ぎ・・・一時青空が見えました。
風も穏やかで、池塘に至仏山が写っていました。
E9BF7272-65ED-4340-AFE7-EB20BA5F9491.jpg
ヒツジグサとオゼコウホネの葉っぱが水面上に出てきています。

午前中の雨が嘘のような青空。ほんの少しの間でしたが(^^;)
227C2E81-1A7A-475B-AA4D-D019358F9188.jpg
見本園ではサギスゲが白くなってきています。
43458555-E991-4804-ADAE-69C4638936CC.jpg

posted by とも at 20:00| Comment(0) | 2019年 | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

2019年6月29日

20F81E6D-8124-466A-B885-002CABCD6CDD.jpg
2F4CA2E9-727B-45EA-A206-8A6DBFCEA703.jpg
4BF480F6-BD2C-4DDA-A8A5-EA0B1B447534.jpg
早朝は青空が広がっていたそうです。
お昼頃にはガスって山は見えなくなっていました。
夕方から雨がシトシト降っています。天気予報ほど雨は降らなかったような気がします。

ウワミズザクラが満開です。花数が多いような気がします。
B1950670-E98D-4EFF-8019-8AF6D4AE967E.jpg

コケイランも咲き始めています。
6E349B82-8538-405A-93EC-E2BE839B73E8.jpg
地味な花ですが、山の鼻田代にホロムイソウがたくさん咲いています。当たり年かな?
山の鼻田代でこんなに見た覚えがないです。今まで気が付かなかっただけかな?
A3915970-912C-419B-8FF2-97943F726E0D.jpg
ニッコウキスゲのつぼみ。今のところ、シカの食害と思われる食いちぎられたような跡は見当たらないです。
F399B632-791E-4C8F-B898-3AFFD77D20D9.jpg
今日の1枚。
蛇が首を上げて、何かをじっと見つめています。
でも、蛇の視線の先には特に何も見あがりません。
何人かがすぐそばの木道を通りましたが、しばらくこのままでした。
B0551D02-D166-485F-9BE2-70CE579C4E8A.jpg
posted by とも at 20:00| Comment(0) | 2019年 | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

2019年6月26日 会津駒ヶ岳

朝焼けを見たいと思い暗いうちから何度か窓の外を見ましたが濃いガスで小屋の外に出ようというほどでもなく・・・
それでも外に出てみると、窓から見えない空がうっすらと色づいていました。
おなじく部屋から窓の外を眺めていた人に声をかけに戻り、それから朝焼けの時間を過ごしました。

東の空より、西寄りの空の方がよりピンク色に見えていました。
いつもなら、トイレの窓から西の空がよく見えるのでトイレの窓から眺めたところ・・・
IMG_3097.JPG
でも今は残雪があるので、雪の上から同じ方向をみると、尾瀬ヶ原が霧に埋もれているのが見えました。
雪が残っている今しか見られない風景です。
IMG_3101.JPG
三平峠あたりと思いますが、滝雲のように、尾瀬沼から霧があふれ流れているのが見られました。
IMG_3103.JPG

そして日の出の時。
IMG_3108.JPG

朝日を浴びながらモーニングコーヒーを飲んでいたのですが、朝から日差しが強く感じ、暑くなってきて自炊室に入りました(^^;)
するとヒガラちゃんがベンチにやってきました(^^)
IMG_3115.JPG
今回は、鳥の姿をたくさん見られたなぁ~と思います。

山頂はガスっていたのですが、中門岳の方向は一面雪というので、それを確かめに行ってみることにしました。
IMG_3116.JPG
木道も目印もなく、とりあえず山頂目指して歩き・・・
木道は左へ曲がっているはずなのですが、ガスっていてテープが見えず、そのまま直登・・・
直登しようと思ったら、山頂直前で雪がなくなり目の前は笹薮。

そこで振り返ると、ガスが切れて下の方に木道が見えました(^^;)
IMG_3117.JPG
あとで確認すると、”直登せずに曲がってね”と示していた赤テープが切れていたようです。
木道まで下って、夏道を通り、中門岳方向へ向かいました。

写真の分岐手前までは木道歩きでしたが、この先はずっと雪です。
IMG_3122.JPG

残雪があるので、少し視界が高いです。
遠くに見える尾瀬ヶ原の霧も晴れてきたようです。
IMG_3123.JPG

雪庇のように張り出している雪。
私はこの辺りで引き返しました。
IMG_3125.JPG
IMG_3129.JPG

小屋に戻って、一息ついていたころには青空が広がりました。
梅雨の晴れ間。狙ってきたわけじゃないけど、晴れの空に感謝です。
IMG_3131.JPG

下山は、キリンテか滝沢登山口かと迷いましたが、キリンテ~大津岐峠は残雪なし、とのことでしたのでキリンテに下山することにしました。
IMG_3136.JPG

咲いていました!
IMG_3141.JPG

ところどころ雪が残っていますが、迷う場所はなかったです。
IMG_3146.JPG
IMG_3148.JPG

大津岐峠の道標。どうしてこんなに高いのか、どうして上に「〇〇まで〇km」の表示があるのか、理由がわかったような気がします。
IMG_3151.JPG
ここにこんなに雪が残るなんて知りませんでした。

峠からは残雪なしです。
しばらく歩くとマイヅルソウロードが現れます。まだ花は咲いていませんでした。
IMG_3153.JPG
そのあとは、ツバメオモトロードです。ちょうど見ごろでした。
IMG_3157.JPG

シダの影がなんとも言えず・・・
IMG_3162.JPG
小屋からキリンテ登山口まで、すれ違った人はひとりだけでした。

下山後はミニ尾瀬公園で恒例の?栃蜜ジェラートをいただきました(^^)
IMG_3166.JPG
posted by とも at 21:00| Comment(0) | 2019年 | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

2019年6月25日 尾瀬沼~会津駒ヶ岳

朝。
IMG_3047.JPG
部屋の窓からは真っ白なモヤしか見えなかったですが、東の空は朝焼けで染まっていました。
天気予報通り、よい天気になりそうな朝です。
沼のほとりでモーニングコーヒー、それから湿原のベンチに移動して朝食にしました。
自炊すると、時間を気にせず食べられるのがよいですね~
IMG_3050.JPG

7時前に出発。この頃は真っ青な青空でした。
IMG_3063.JPG
小淵沢田代分岐にも木材が置いてありました。
IMG_3064.JPG

沼山峠~御池の電気バス。
IMG_3068.JPG
全て電気バスで運行しているわけではないみたいなので、このバスに当たってラッキーだったのかな?
窓がないように見えますが、バスの中からは外が見えるようになっています。
車内にはステキな絵が飾ってありました。

滝沢登山口へ移動し、会津駒ヶ岳へ向かいます。思っていた以上に天気がよくなりました。
梅雨の晴れ間、狙ってきたわけではないですが、この時期、雨にあわないだけでも助かります。
水場まで約2時間、水場で休憩して、ベンチでお昼ごはんを食べ、駒の小屋まで計4時間半ほどかかりました(^^;)
山頂まで1.7キロの道標が見えたあたりから残雪が多くなり、湿原に出てからは全面雪となりました。
IMG_3074.JPG
湿原に出てからは雲が広がり少しガスが出てきましたが、この後天候が大きく崩れることはなかったです。
湿原に出たところのベンチからの眺め。
IMG_3077.JPG
イワウチワが咲いていました。
IMG_3076.JPG
湿原には道に迷わないよう、ロープが張ってありました
IMG_3079.JPG
雪がある時にしか見られない、この湿原からの尾瀬・・・
IMG_3081.JPG

駒の小屋周辺は雪が沢山残っていました。駒の大池も、その横のベンチもまだまだ見えそうにありません。
IMG_3084.JPG

ちょっとガスが晴れたので山頂へは行かないけど、少しだけ散歩。
IMG_3088.JPG
IMG_3089.JPG
夕食食べ終わって談笑中、ステーキをいただきました(^^) 
山でお肉を焼いて食べる、というのも今回の目的だったそうて、美味しいお肉、ごちそうさまでした(^^)
IMG_3092.JPG
夕焼けというほどではないですが、雲の切れ間にほんのり夕焼け色。
IMG_3093.JPG
夜も雲の切れ間にほんの少し星空が見えた程度でした。
posted by とも at 21:00| Comment(0) | 2019年 | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

2019年6月24日 尾瀬沼

この日、16時頃土砂降りで稲光も見えました。18時過ぎて雨は止みました


日中の尾瀬沼周辺の写真です。
尾瀬沼に着くころには一時日が差して天気が回復したかと思いました。でもその後土砂降り・・・天気予報は当たってました。

今日通った白砂峠。
いつものミズナラ
1EB2AD63-CCD0-45F1-8DD2-8D6E92DD1B0C.jpg
この木に出会った時に、ガイドさんが「伊藤みどりの木・3回転半」と紹介していたのを思い出します(^^)


今年は当たり年?
B5516600-A6A1-4F1A-BA37-4FC5A4A327D5.jpg
アズキナシの花をたくさんみかけました。

イヨドマリ沢の橋を工事するみたいです。何年前に崩れたのだったか記憶にないですが、やっと修繕されるようです。
94CDEA2A-9037-4786-B539-569F62CED28A.jpg

白砂湿原
75C7DE5C-2C8B-41BC-BA5F-E665FEE8E45B.jpg
こちらもワタスゲ少なめと思います。

沼尻で昼食
01FFC6BD-2554-41E8-9F3C-F8958F48E414.jpg
沼尻休憩所は、前回来たときは自動販売機も動いていなかったですが、今回は営業していました。
自動販売機と、コーヒーとお菓子類の販売はありますが、以前のように軽食やお土産などの販売は行われないようです。
水は引いていないみたいで、水場もないし、コーヒー販売も水を運んできている感じでした。

あざみ湿原も工事?
7D991F13-B394-4E20-9DA7-9F6BF9D200A8.jpg
ここの橋も、壊れてずいぶん経ったんじゃないかなぁ?

ビジターセンターの新設工事が始まってずいぶん経ちますが、ビジターセンターの工事よりも、既存の破損した木道工事を優先してほしいです。

浅湖湿原から長蔵小屋方面、写真ではわかりにくいけど、違和感ありありの人工物が見えました。
90318555-365A-4A04-A311-2432F706769B.jpg

大江湿原のワタスゲは・・・
2FECCDC8-CA03-4258-A5D9-A406940CBCAB.jpg
ワタスゲはまだ伸びきっていない感じです。大江湿原を一面白く染めるほどのワタスゲが見られる年もありますが、今年はそんなに多くない感じです。でも尾瀬ヶ原よりは多いかも。

ミツガシワが結構咲いていました。
467541EF-B870-4947-8708-E0805D74AD69.jpg
古い写真を見ると、尾瀬沼周辺もたくさんのミツガシワが咲いていたのがわかります。

三平下まで行きました
25436AB2-A6FD-4C46-A315-ED0F936645EA.jpg
この日、その後天気は回復しなかったです。


気になるビジターセンター建設現場。
基礎コンクリート打設の途中です。
ったく、こんな大きな建物を作って・・・その後の維持管理まで計画されているんでしょうかね?
2A300AF4-2619-4A2F-BA31-5AD40D719B5C.jpg
現ビジターセンターの建物は、尾瀬の建物の中の建物では新しい方でしょう?
建替えないといけないくらい傷んでしまったというのだったら、維持管理がなされていなかったということじゃないんですかね?
それに、同じ金額のお金を使うなら、傷んでいる木道を先に修繕してほしいです。

それから、尾瀬沼周辺に作られている展望デッキらしきもの(6/25撮影)
以前作られたデッキから道が繋がるようです。
IMG_3056.JPG
IMG_3054.JPG
まだ工事中ですが、手摺を取り付けると思われます。
この階段状の部分に座って眺める設計かもしれませんが、鉄格子の手摺を取り付けると、座ると視線の高さに手摺がくるため、鉄格子越しの風景になってしまいます。そんなことは設計上考慮されていないでしょう・・・安全優先の落下防止の手摺なのでしょう。

木を切らずにデッキが設置されています・・・この隙間に物を落とすと大変ですよね・・沼まで転がり落ちるかもしれません。
IMG_3057.JPG
IMG_3058.JPG

この工事の資材運搬のためか、建物周辺にはネットが張ってありました。
(ヘリコプターの風の影響で、小石などが飛んで窓にあたるのを防ぐためと思います)
IMG_3059.JPG

今回工事されている木道・デッキ等ですが、基礎の作り方に特徴があります。
写真を撮るのを忘れてました(^^;) トリミングした写真を添付します
IMG_3057拡大.jpg
今までの木道等は、木材を敷いたり、木の杭を打ち込んでその上に木道等を設置してありました。今回の木道等はコンクリートの塊のようなものを埋め込んでそれを固定し(固定方法を知りたいなぁ)、その上に鉄骨の土台が載せてあって鉄骨の骨組みの上に木の板が敷いてある、という構造です。
木材が傷んだら、木材だけ取り換えて鉄骨の土台はそのまま。ということなんでしょうね。

個人的には鉄骨がメッキ処理されているのかどうかが気になります。
鉄格子の手摺も土台も、錆びてしまうと・・・心配だなぁ。。。
posted by とも at 20:00| Comment(0) | 2019年 | 更新情報をチェックする

2019年6月24日 尾瀬ヶ原

まずは定点写真から
AABA8535-402F-4E0D-806A-1AA669167B9D.jpg1D9F872C-0D5E-4607-850D-C13C6D744702.jpgA51827AA-97B6-4B6C-AACD-2FEE38CA9EA4.jpg
早朝は雲。6時くらいからポツポツ降り始めました。
予報では午後から雨がひどくなる感じなので早めの行動です。といっても、14時頃までに長蔵小屋へ到着する予定で出発、余裕の行程です。
風はほとんどなく、小屋に着くまではひどい雨にあうこともなく、一時は青空も見え日もさしました。
16時くらいから雨はひどくなり、17時現在、雷もなっています。未明まで雷雨の予報です。明日朝は雨が止む予報なのですが、あたってくれるでしょうか。


それでは今日の尾瀬ヶ原。

レンゲツツジとワタスゲを一緒に撮影してた場所・・・今年は数えられるくらいしかワタスゲが見られないです
BBB11B7C-17BA-4C3A-99AB-EB5371F7D3B7.jpg

カラコギカエデのツボミがすごいかも
A69C9A1C-753E-49EA-ABC1-3A76DFF0BC98.jpg

ニッコウキスゲが沢山咲いていた場所。
シカ対策の柵が設置されています。まだ目立ってツボミは見当たりません。
7E3371ED-112D-4D96-88B3-E92949E9E4A8.jpg

東電小屋より
32666A71-F2F5-41B6-B64E-C14403B39714.jpg

東電尾瀬橋付近、コバイケイソウが結構咲いてます
6ABE715B-4212-445F-8E26-A42F81C6403F.jpg

雲が一直線(^^)
なかなか面白い眺めでした。
AE1C5B87-5891-4DED-ABB4-BF33198A322E.jpg

下田代のミツガシワ・・・
C4DB2545-4B3E-44D2-9C48-3ECDC97DB144.jpg
古い尾瀬の写真を見ると、下田代で一面白くなっているくらいミツガシワがたくさん写っている写真があります。でも、今はそのミツガシワの群生は見当たらないです。

私が尾瀬を歩き始めた頃(2000年頃)には、もうミツガシワの群生はありませんでした。
でもその頃、下田代で「ヌタ場」と呼んでいた場所があったのを覚えています。その時は、「シカがドロ浴びをしている」なんて教えられましたが、今思えば、シカが湿原を掘り起こしてミツガシワの根っこを食べていたのではないかと思います。そんな「ヌタ場」もどこだったのかわからないくらい、掘り返されていた場所はどこかわからないくらい植物に覆われています。

この日、下田代を歩いていて、ミツガシワの花を1本見つけました。
意識して見ていなかったので、今までに下田代でミツガシワの花を見たことがあったかどうか覚えていないのですが・・・もしかしたらこのミツガシワの花は、昔たくさん咲いていたミツガシワの生き残りかな~なんて思いました。
posted by とも at 15:26| Comment(0) | 2019年 | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

2019年6月23日

652F081C-4A35-4EE1-8A15-5BCCD551A438.jpgA97D7D3E-63F8-4749-B7EF-2879E0FAC2E6.jpgB194D16B-90EC-4360-BB5F-C04421850CB8.jpg
早朝は朝もやに包まれていました。日が差すころにはもやはなくなり、日が差しました。
午前中は落ち着いた天気。昼過ぎ雨の予報でしたが雨はほぼ降らず、落ち着いた天気でした。
夕方には一時土砂降りに・・・小雨に代わり降り続いています。


何やら赤い花が咲いてる、と目を向けると、テントウムシでした(^^;)
5D18D793-25B2-42A7-8059-6787EB6E93E4.jpg
見本園のワタスゲ。天気予報をみているとフワフワ度100%は明後日くらい?
E1166103-0DA3-4582-9BBD-C8D621326334.jpg
そして・・・今日の拾い物。
未開封のペットボトル。何度も通っている場所なのに、今まで気が付きませんでした。
賞味期限から、昨年の夏~シーズン終了に落とされたものと思われます。
でも、どうして葉っぱがまだ出ていなかった時期に気が付かなかったのだろうと思います(^^;)
07A3B2DB-26C0-4CFF-BCB8-B44F5546A30B.jpg
posted by とも at 20:20| Comment(0) | 2019年 | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

2019年6月22日

46AB0CA5-5970-4BD2-843F-F44965745B08.jpg810AEC3B-023B-425F-8996-85EB3F676B20.jpg94F10B2E-63B3-428A-82EA-52A1EC6635A6.jpg
小雨の朝。写真を撮った時はまだ雨が降っていました。
8時頃には止み、日がさしてきました。今日は天気予報では雨が降る感じでしたが、日中は時々日が差し歩けば汗ばむような時もありました。
夕方、サーっと夕立。今は曇り空です。

日中はこんな感じ。青空も見えていました。
706D5BC6-0F20-4050-B250-36726C06DB5E.jpg
9A295340-48D6-447C-9F10-6F67C3146432.jpg

日が差していたおかげで、タテヤマリンドウも開いていました。
C31EE4CE-4A24-4CAE-B05E-EB066C7C72BE.jpg

見本園の中通りにもこんなにたくさんのミツガシワが咲いていました。
7D88E7D0-E11C-47B6-AA49-80FB4E00B423.jpg
この木道を横切るシカの足跡をよくみていましたが、そういえば今年は見ていないです。


posted by とも at 20:59| Comment(0) | 2019年 | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

2019年6月21日

B2A7E518-CD48-4A97-BDFE-03C8171B12E3.jpgED5EA011-17F8-4BEA-8178-47FE3F739201.jpg262BD7DF-F702-487F-B73D-D08BAFC08D21.jpg
天気をいえば「晴」で、時々日がさしていましたが、雲が多い一日でした。
日が暮れた頃から雷が鳴り、雨が降り始めました。

定点写真を撮りに行った時、原の川上川橋付近でクマを見ました。
木道から15~20mくらいの距離で、こちらに気がついているのか気が付いていないのか・・・
どうしようかちょっと悩みましたが、手をたたいて大きな音をだすと、クマが一瞬こちらを向いて、それから反対方向へ行ってしまいました。しばらくの間、”近づかないで”と手をたたいていました。
これが正しかったのかどうかはわかりませんが・・・


見本園
1F449E17-AAD9-4916-A171-AEA2D1B9CF33.jpg
緑濃くなりましたね~

遠くに白いものが見えるので、何?サギスゲ?と思いながら近づくと、ミツガシワでした。
たくさん咲いています。こんなにたくさんミツガシワが咲いているのを見るのは久しぶりです。
B235371A-8015-49C8-A6DA-503350B9FC68.jpg

柵で囲っている中はもっとたくさんのミツガシワが咲いていました。
6AFB15F7-6093-4A00-A017-C95632935E54.jpg
ミツガシワが当たり年でたくさん咲く年まわりなのか、
柵で囲ったおかげでシカに邪魔されない環境が整ったので復活したのか、
後者の方が影響大かなと思います。
柵の中の方が密集していますが、柵の中だけじゃなく、その周りもミツガシワがたくさん咲いています。

柵の中だけ、守られているのがなんとも言えない・・・
posted by とも at 20:34| Comment(0) | 2019年 | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

2019年6月20日

E5637FDC-8CCB-4377-BBCB-E7685CCD2668.jpgF604AAE8-71D2-412C-8A07-127C1D78761B.jpgE6183B78-475C-422A-BEDB-AD6F92C47417.jpg
天気予報では、夕方には雨が降るかと思っていましたが、日中は晴れ、夕方雲に覆われましたが、雨を降らせるような雲ではなかったです。雨も降っていないです。


テンマ沢湿原5381918C-A5D3-4030-81A3-4B868F05C0CB.jpg
ミズバショウがちぎられている・・・シカかな?

なぜか木道脇にリュウキンカ。463F3EB7-5921-4AC6-AA5D-EA4001E62B2B.jpg
よく見ると、木道に沿うようにして咲いています。
昔はここにリュウキンカはなかったような気がします・・気のせい?

フワフワピークまで、あと少しでしょうか。987C778A-C8C7-472A-904C-DE780E35D6F1.jpg


通るたび、今年は葉っぱも見当たらなくて気になっていた場所です。
EDB18BF6-2612-4F3C-B3C8-78BA12407197.jpg
ウスバサイシンがたくさん咲いていた場所。ミズナラの根本です。
今日改めて立ち止まってしばらく眺めました。
もしかしたら、誰かが掘り起こしてしまったのではないかなと・・・
なんとなく、土の状態が周囲と異なっていると感じます。
他の場所に持っていっても咲かないと思うので、元に戻してもらえないかと思います。
posted by とも at 21:24| Comment(0) | 2019年 | 更新情報をチェックする