2019年10月21日

2019年10月21日

EF74347E-56FC-409A-86D1-059857F25D09.jpg3C8CC866-57D1-46C6-A100-9E5CE4A9FB09.jpg8FA603E1-9A81-4CCB-A118-F3030A0B0A03.jpg
ちょっと重たげな雲が広がる1日でした。

今頃気が付きました、大きな枝が橋に引っ掛かっていました。台風19号の影響と思います。
5DEE2336-0CBD-4A9E-9B94-7AECEAB0DB47.jpg
倒してやろうと思ったのですが、橋桁に引っ掛かっていて動きませんでした(^^;)


秋の尾瀬を何度も歩いているハズなのに、今日初めて気が付いたこと。
木道と木道の間のヒツジグサは紅葉が遅い!
2D13F778-03E2-424F-9130-16C3FF96BFC9.jpg
今年だけ、たまたまこうなったのかもしれないですが、今日歩いていて見ていて、どの場所も木道間のヒツジグサは緑が濃く、秋色への変化が遅れているようでした。
日当たりの関係でしょうかね?

牛首から先、木道工事は終わっていました。
撤去された木道等は、大雨で増水して流出しないようにするためと思いますが、木道に結び付けられていました。
7DBCFBBD-B227-43FF-97A3-4F3150AD92F4.jpg
新しい、「環R1」の焼き印。「群」は「群R01」でしたね。
2532B216-870F-487A-90C3-1F86A1DA7BA9.jpg
私が尾瀬に初めて行ったのは1998年・平成10年。
この頃、木道の焼き印に昭和を示す「昭」「S」の文字はあったでしょうか?なかったような気がしますが・・・(^^;)
まだフィルムで写真を撮っていた時ですので、私の手元に焼き印の写真は残っていないと思います。

平成元年「東元」の写真は撮影したので覚えています。
ちなみにこの「東元」は、読み取れなくなっていますが今も尾瀬の中に残ってます。

新しい木道、パッチワークみたい
60AA4AD2-283E-4588-887B-E83F5B3A45A2.jpg
今年のうちに見てみたかった、新しくなった下の大堀川橋。
B8D02B0B-51CC-4CD2-9F68-F6B26E16F6BA.jpg
下部工は新たに鉄骨造に、上部工が移設で、凸凹型の木道になっていました。
木道と木道の間がふさがれていることと、デッキ状の部分があることで、橋がものすごく大きくなったように感じました。

次に木道が更新されるときは、凸凹のままじゃなく、1本線になるのでしょうか?何年先かな?
92659946-C2E6-479D-9C9C-580C2E6DE3CE.jpg
下の大堀川・写真場は、木道が流されたため通行止めになっていました。
04890DF9-0210-493D-B104-2EAF54470627.jpgA75EA62F-11B2-4C35-861B-37DE053D7A8C.jpg
今シーズン最後、牛首からの眺め。
山は見えず、、、
F3591733-3795-426B-B285-6B711377594D.jpgE30DD9FF-3289-4639-A07F-41E86ED4EE9E.jpg
昨年も、秋になると目立っているように思ったダケカンバ
D1E49A5F-86FB-4719-B393-76BED554E991.jpg
posted by とも at 20:00| Comment(0) | 2019年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください