2016年07月23日

2016年7月18~19日 海の日は山へ! その4(至仏山)

ちょっと花の写真を並べます(^^)

まだ残ってました
DSCN9115.JPG


スポットライトを浴びるこのつぼみ
DSCN9116.JPG
ちょっと早いんじゃない?と思ったんですが、咲いているところもありました(^^)

目立っていたのは、花のピークをすぎたオオバツツジと、この花
DSCN9119.JPG


至仏山を振り返ります・・・
DSCN9123.JPG
確かあの花が咲いていたのはこの辺・・・っと、そこに着く手前で「もしかして通り過ぎた?」と行ったり来たりしてしまいました(^^;) 覚えていた場所は間違いなかったんですが、花は見られませんでした、、、

ホシガラスのギャーギャーという鳴き声が聞こえます。
何度か目の前に現れて、こっちを気にするそぶりも見せてくれます。写真は撮れませんでしたが、結構近い距離でホシガラスと会うことができました。

例年、雪が遅くまで残っている場所あたりで、まだたくさん咲いていました
DSCN9129.JPG


6月に来たときにはお花畑だった場所。花は入れ替わりましたが、たくさんの花が咲いています。ニガナがめだっているように思いました。
DSCN9131.JPG

この花に会うのも久しぶり♪
DSCN9130.JPG

ここのベンチでも少し休憩。

バスの時間までまだ余裕があるので、笠ヶ岳まで行こうかどうか悩みました、、、でもちょっと体力が心配なので、とりあえず悪沢岳まで行こうと分岐から笠ヶ岳方向へ向かいました。
ちょっと至仏山を振り返ります。尾瀬ヶ原からみる姿とは印象が違います。
DSCN9137.JPG

この道にはまだゴゼンタチバナの花が沢山咲いていました。そしてベニサラサドウダンも・・・
DSCN9139.JPG


そして悪沢岳をちょっとすぎて、笠ヶ岳が見えたあたりで、
DSCN9142.JPG
至仏山を振り返り、
DSCN9141.JPG
この辺りで満足して引き返しました(^^;)

オヤマ沢田代は、ワタスゲの果穂が残ってました。横田代よりキンコウカが咲いているなぁ~と感じました。でもキンコウカより、木道沿いのニガナの方が黄色が目立っているように見えました。
DSCN9146.JPG


原見岩より
DSCN9149.JPG
燧ケ岳の山頂は、見えているより雲に隠れている時間の方が長かったように思います。同じ日、燧ケ岳へ登っていた知人は山頂からの眺望はなかったと言ってました。

4時20分頃に山の鼻から登り始めて、山頂は8時前、鳩待峠へ下山したのは12時前。
のんびりのんびりの至仏山でした(^^)
写真をたくさん撮ってきて~の声に応えて、今回はちょっと写真を多めにアップしました(^^)
posted by とも at 18:00| Comment(0) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください