2015年10月11日

10月8・9日 ふられ、フラれて 駒の小屋 その2

あっ、もう一度書いておきますが、写真は期待しないでください(^^)
いつもはケータイカメラだけなのに、
久しぶりに持っていったコンパクトデジカメの出番がなかったくらいですから(^^;)
----------------------------------------------------------------
CA3J0248.JPG


あ~~~ オデコ痛いよぉ~~~

と言いながら、駒の小屋へゆっくり歩いて向かいます。ベンチを過ぎると、風を遮るものがないので、思いっきり風をうけながら歩いて行きます。転倒したあたりから先の木道は、風があるせいでしょうか、木道上にアラレは残っていませんでした。途中、飛ばされそうな強い風が吹き、飛ばされないように何度かしゃがみこみました。

小屋に着くとホッとしますね~こんな強風にあおられながら歩いてきたんですから、小屋のありがたさが余計に身にしみます。
この日の宿泊者数は少なく、あと一人くれば全員到着とか。
満室の日が続いているそうですが、この日は全部で8名。久しぶりにゆったりとした駒の小屋が過ごせそう♪

コーヒーで一息。
持っていたドーナツの数と女子の数が一致!男子には申し訳ないですが、ドーナツタイム♪
それからしばらく横になって休みました。
小屋の1階にいるとそう感じないのですが、2階は地震かと思うくらい風で小屋が揺れていました。布団にもぐっているものの、揺れで落ち着いて眠れません。でも少し横になるだけで体が休まります。

16時頃自炊場に戻り、みなさんと談笑♪
天候はまったく変わらず、風がビュービュー、アラレがパラパラ。
でもストーブのついた自炊場は、初めて会うのに初めてではないような、まるで1グループかのような雰囲気の中、あーんな話やこーんな話で盛り上がります♪

今は風が強いけど、明日朝晴れたら、きっとキラキラしてキレイだろうね~

なんて話もしましたが、視界は悪いまま、風も強いまま。
小屋前の木道にも、少しだけどアラレが解けずに残っていて、トイレに行くのもどうしよう、と思うような状態です。


夕食時もワイワイと♪
天候が悪かったから、誰も外に出ることなく自炊場で楽しく過ごせたのかもしれませんね♪


そして夜・・・

布団にもぐってからも、小屋はやっぱり風で揺れます。夕方よりは風が弱まった気がしますが、それでも小屋が揺れるほどの風。今回は、星空を期待して来ていたこともあり、星空は無理と思いながらも、夜起きて何度か窓の外を見てみました。

あー、やっぱり真っ白、、、風も強いし、、、

星空さんにフラれちゃいましたが、
太陽さんが私を待っていてくれるかもしれないし♪

・・・という期待も残念ながら、、、(T_T)

4時半頃からなんとなく外が気になりはじめ、目覚めたような目覚めてないような感じで布団にもぐっていましたが、風の音はまだ止まず、太陽さんに会えそうな天候ではありません、、、

結局、外に出たのは6時すぎ。
太陽さんにもフラれてしまいました(^^;)

CA3J0251.JPG
写した角度が悪かったので良く見えませんが、気温0度。
CA3J0250.JPG

幸いなことに、気温がそれほど下がらなかったのか、木道は凍っていません。
雨は止んでいましたが、前日ほどではないものの強い風が吹いています。

こんな天気ですから・・・
CA3J0255.JPG
中門岳はもちろん、ここから先へは1歩も行きませんでした。

新潟側はなんとなく明るく天気がよさそうだし、檜枝岐村内もあまり天気は悪くないという情報も入ってきます。でもここで天候の回復を待っていても、いつ回復するか、ホントに回復するか、そんなことは誰にもわかりません。

そろそろ帰らなくては・・・風も弱まったし、そろそろ出発・・・

前日に転倒してしまったこともあり、下りの木道は恐怖です、いやぁ大げさでなく、ホントに怖かったです。ゆっくりゆっくり、足を進ませ歩きます。木道部分は普段の倍くらいの時間をかけて歩いていたかもしれません。

山頂まで1.7kmの道標付近。
CA3J0256.JPG
ここまで降りてくるとガスが切れ、少し遠くまで見えるようになりました。遠目に見るときれいな紅葉ですが、近くで見る葉は、葉先が茶色く枯れています。

登山道を下って行くにつれ、標高が下がるせいもあるでしょう、空がだんだん明るくなり、青空が広がってきました。水場まで下りてくると、見上げた空は真っ青!もしかしたら、山頂付近も青空が広がっているかも?と思いながら何度も振り返りますが、いまさら引き返すわけにもいかず(^^;)

水場から下は、さっきまでの空はなんだったの?というくらい澄んだ青空に白い雲。


太陽さん、今頃私に会いに来てくれたの?遅いじゃん~!

と言ったかどうか(^^)


雨に降られ、
星空にも、太陽にもフラれた駒の小屋。

来シーズンは会えるかなぁ♪

posted by とも at 10:45| Comment(2) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

10月8・9日 ふられ、フラれて 駒の小屋 その1

あっ、先に書いておきますが、写真は期待しないでください(^^)
----------------------------------------------------------------
天気予報は悪くなかったのですが、超大型と言われていた台風23号が日本の東の海上を進んでいた8日午前6時前・・・


ポツッ ポツ ポポツッ

っと、トタン屋根に雨音が当たるような音がしている、と思ったら、やっぱり雨。
音はだんだん大きくなり、本格的な雨な感じになってきてました。空を見ると、風が強いせいか、雲が早いスピードで流れ、その間に青空も見えていました。
その青空に、だまされました(^^;) 
いや、だまされたわけじゃないですが、期待しすぎました(^^;)
雨が止むたび、きっともう降らない、と思うのですが、また降り出したり、そしてまた止んだり。
雨雲レーダー予想を見ると、10時半頃からは雨は止む感じでしたので、「きっと雨が止んで晴れる」と期待し滝沢登山口へ向かいます。


きっと止む、きっと雨は止む・・・はず。


登山口に着いてからも、降り注ぐ雨・・・
風も大きな音を立てていて、上を見上げると、木々より高い位置で葉っぱが舞っていました。
待ってても止まないかも?と思っていたら、小降りになって、今だ!とばかり、歩き始めます・・・が、またすぐに雨・・・

そして、歩き始めてしばらくすると、なんということでしょう~
CA3J0243.JPG
ピンボケですみません、、、
雨かと思っていたら、いつの間にかアラレに変身してます(^^;)
そんなに寒さは感じなかったのですが、アラレが降るなんて~


ヘリポート跡付近より。
CA3J0244.JPG
この辺りでは雨もアラレも止んでいました。おそらくココが、この日の一番の絶景です、はい、これが一番ですっ(^^;)

この後は、雨になったり、アラレになったりしましたが、ほぼ降られっぱなし。
雨雲レーダー予想は当たらず、やっぱり予想は予想、それに山だし雨も降るよねー


水場付近では、こんな感じにアラレが解けずに残るようになってきてました。
緑に白に、アクセントの赤。クリスマスカラーですね~♪
CA3J0246.JPG
いや、アラレに降られながら軽く腹ごしらえをしていたので「♪」なんてつけてる場合じゃなかったんですが、何かイイコト見つけながら歩こうと思うと、コケに♪、アラレに♪ですよ♪

そしてここから先は、登山道は沢のように水が流れはじめ、なんだか下ばかり向いて、ただただ歩くのみ。
もう「♪」見つかりません!?


あぁーやっと、木道が始まるところです、予想通り、木道の上にはアラレが解けずに残っています、、、
CA3J0247.JPG
これ、滑るよね、氷だもん、滑るよね、
と、わかっているんだから、用心して足を半歩ずつ進めて滑らないように気を付けて歩いていきます。

ベンチのところまで出てくると、視界は悪いものの、黄金色に光る湿原が広がります!
ほとんど足元ばかり見て歩いていたもんだから、視界が悪かろうが雨が降っていようが、この草紅葉の見事なこと!

立ち止まって、大きく深呼吸しながら、辺りを見ていたその時です、、、
事件は起きました(^_^;)

風が ビュー っと吹いて、
バランスを崩し、
足元を前からすくわれる様に、
前のめりに転倒してしまいました(T_T)

前のめりですよ、前にドーンと倒れてしまったんです、、、

反射神経が鈍ってなかったのか(?)、とっさに手をついていたんだと思います、手をついた位置もよかったのでしょう、手首の捻挫などもありませんでした。木道との顔面衝突は最小限で済んだみたいです、どこで体重と荷物の重さを支えたのだか自分でもわからないのですが、オデコに“ゴツ”とぶつかる感じがしたのと、鼻の頭と唇あたりが木道に擦れる程度で済みました。
オデコには1円玉くらいのタンコブができてしまいましたが、外傷はなし。打ち所が悪ければ、顔が傷だらけになっていたかもしれないし、自分の歯で自分の唇を切っていてもおかしくない状況ですから、タンコブくらいで済んでホントよかったです。


あ、
でも、
心にちょっと傷が???


木道さんとキスしてしまったことは、ナイショにしておいてください(*^_^*)
posted by とも at 21:21| Comment(4) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

9月12・13日 とことん?!富士見峠周辺 その4

太陽が顔を出すと光始める湿原・・・
CA3J0178.JPG
自分の影が、長く伸びて写ります。

朝食を終え、外にでると・・・
天気予報は、昼から下り坂な感じでしたが、なんと青空!快晴!
CA3J0182.JPG
曇っていたら、尾瀬ヶ原までダッシュで往復しようかと考えたのですが、
体力も心配だし(^^;)青空も広がったので、予定通り白尾山へ向かいます!

が、しかし、、、
歩き始めるとすぐに雲が広がってきました(T_T)
こんな青空なら上着はいらないだろう、とちょっと薄着で歩き始めたことを後悔しつつ、白尾山へ向かいます。

遠くに見えるアヤメ平。
CA3J0183.JPG
遠くから見るアヤメ平も好きです(^^)

以前、この辺りを歩いた時、ウソが数えきれないくらいいたのを思い出しました。

砂利道から登山道へ入ってまもなく現れる湿原
CA3J0184.JPG
こじんまりした湿原も好きです(^^)

足元には、早くもクリスマスカラー?(^^)
CA3J0185.JPG


ピークと思ったところから、もう少し歩いたところが白尾山の山頂です。
道標が無ければ、どこが山頂なのか気が付かずに通り過ぎちゃうかも。
CA3J0188.JPG


ここにベンチがあって、そのベンチの上に立つと見えるのが尾瀬沼。
南側、3本カラマツも見えています。
CA3J0186.JPG

北側
CA3J0187.JPG
あぁ~今シーズンは尾瀬沼に行ってないなぁ・・・来月行けるかなぁ・・・

山頂で一息ついてから、冨士見小屋へ戻りました。

“待ち人”はまだ来てないはず、と、水場まで下りてみました。
CA3J0189.JPG
指先が動かなくなってしまいそうなくらい、冷たい水です。

“待ち人”は来てないと思っていたら、すでに到着されてました、すみません、お待たせしてしまいました、、、

この後、久しぶりに富士見下への道を歩きました。
が、、、なんとこの道中、写真を1枚も撮ってません、、、

鳩待峠から富士見峠、白尾山、そして富士見下へ。

尾瀬ヶ原も、尾瀬沼にも行かない、尾瀬でした(^^)
posted by とも at 21:42| Comment(2) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

9月12・13日 とことん?!富士見峠周辺 その3

12日夜。
雨? 霧? 夜露? なんだったのかわかりませんが、窓に水滴がついています、、、
んーっと窓を眺めながら、19時過ぎには布団にもぐりこみました。

ふと、目が覚めたのは0時頃。
目覚ましは4時にセットしていましたが、5時間寝てるんですから、目が覚めてもおかしくないですね(^^;)

外はやっぱり、、、んー、、、星空は見えず。 残念。
13日の天気予報はあんまりよくなかったし、もう、すっかりあきらめモードになってしまいました。
今思えば、ですが、空は明るかったです。
山の上なので、町の明かりが影響してたりするかもしれないので、若干明るいのかもしれません。
しかし、尾瀬ヶ原の中にて厚い雲に覆われている時は、真っ暗闇。それを思うと、この夜、雲はあまり厚くなかったのかもしれません。

目覚ましより少し早く目が覚め、外を見ると、、、やっぱり、んー、、、
でも、見上げた空の雲の切れ間から、一瞬オリオン座が見えました。
あきらめモードになってしまっていたので、ここで2度寝したのが間違いでした(^^;)

気が付いたら、5時前。
外はもう、ヘッドライトはいらないくらい明るくなっていました。
ここで飛び起きます(^^)
夜中に、星が出ていれば外へ出ようと思っていたので、支度はバッチリ。すぐに上着を着て小屋をでてアヤメ平へ向かいました。

以前、冨士見小屋へ泊まった時のことですが・・・
早朝、日の出を見ようとアヤメ平へ行きました。アヤメ平のベンチで日の出を待ったのですが、ガスがかかってしまい薄暗く、日の出は見られませんでした。でも、小屋へ帰ると「きれいな日の出だったね」と声をかけられました。そうなんです、冨士見小屋周辺はガスに囲まれることなく日の出が見られたのに、ちょっと標高が高いアヤメ平はガスってみられなかったんです。
この時のことがあったので、今回は、アヤメ平まで行こうかどうしようか迷い、セン沢田代(アヤメ平の冨士見峠寄りの湿原)で日の出を待つことにしました。ここなら、冨士見小屋も見えます。

日の出の方向に低い雲があり、朝焼けはあまり期待していなかったので、コーヒーでも飲みながらのんびりしようと、お湯沸セットを出そうとしたら・・・
CA3J0161.JPG
空がだんだんと染まってきました!
もう、お湯を沸かしてるヒマはありません!

どこを向いても、空がうっすら朝焼け色に染まっています。
どこを向けばいいのか右往左往、木道をチョコチョコと行ったり来たり、クルクル回ってました(^^;)
CA3J0166.JPG
CA3J0167.JPG
CA3J0168.JPG
木道の上に置いた、お湯沸セットが邪魔ですね(^^;)

クルクルまわりながら、360度動画で撮ればいいんじゃないかと撮ってみたのですが、、、
Facebookではちゃんと再生されました(17秒)が、ここではなぜか最後まで再生できません(6秒)、ごめんなさい<(_ _)>

そして現れた、燧ケ岳から伸びる放射状の雲。
CA3J0175.JPG
CA3J0172.JPG
CA3J0174.JPG
一枚の写真に納まっていたら・・・なんて思う雲です。

この天気だったら、アヤメ平でも朝焼けがみられたでしょう。
染まる至仏山が映る池塘が見られたかもしれません。

CA3J0177.JPG
そして、長いようで短かった朝焼けが終わっちゃいました。

posted by とも at 13:08| Comment(0) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

9月12・13日 とことん?!富士見峠周辺 その2

アヤメ平へ到着した頃には・・・
CA3J0135.JPG
CA3J0137.JPG
あれれ・・・雲が広がってきました。でも、雨が降っているわけじゃないし、ところどころ青空も見えているので満足満足。

鳩待峠から、抜きつ抜かれつで歩いてた2グループのみなさんと、アヤメ平のベンチで合流です。今夜、冨士見小屋へ宿泊、とのことでした。みなさんのおかげて私も泊まることができます、ありがとう~(^^)

富士見田代。
CA3J0138.JPG
ここで、ん?と水面から顔を出しているものが気になりました。
CA3J0140.JPG
タマミクリ?!
冨士見田代でタマミクリを見たのは初めてです。
ケータイなのでこれ以上大きく撮影できません、、、何度も何度も、ここにきているハズなのに、葉っぱがあったことすら記憶が定かでありません、、、(^^;)

そして、今夜宿泊の冨士見小屋。
CA3J0142.JPG

ここに宿泊するのは4度目となります。
初めて泊まったのはツアーで尾瀬に来た時でした。
元々、山歩きなんてしたことない私でしたから、自家発電の宿泊施設に泊まったのは冨士見小屋が初めてでした。消灯時刻に電気が消えた時の、何とも言えない暗闇を初めて経験したのでした。

電灯がついていることが当たり前と思っていると、忘れてしまう灯りのありがたさ。
CA3J0157.JPG


夕食の頃には辺りはすっかり暗くなってしまいました。
少しでも夕日が見られれば、なんて思ってましたが・・・
辺りは霧に包まれ、星空も期待できそうにありません。
CA3J0154.JPG


辺りが一段と暗くなった頃、霧なのか、雨なのか、窓が少し濡れていました。
これでは満天の星空は無理(T_T)

アヤメ平で、一度、星空を見たいと思っているのですが、なかなか願いはかないません・・・

この願い、いつか、届きますように・・・



posted by とも at 13:52| Comment(2) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

9月12・13日 とことん?!富士見峠周辺 その1

尾瀬へ、いえ、冨士見小屋へ行くと決めたのが2日前・・・直通バスは満席でした。
前日に確認すると、ちょうどキャンセルが出たようで、運よくチケットが取れました(^^)
直通バスを使わずに尾瀬に行くとなると、鉄道とバスを乗り継いでいくこととなり、余計に時間がかかります。広島から尾瀬へ向かってた時は、それが普通だったのですが、一度直通バスに乗っちゃうと乗り継いで行くのはちょっとぉぉ・・・なんて思ってました(^^;)

一時は台風が来るんじゃないかと心配してましたが、台風一過で青空が広がったようでした。
CA3J0117.JPG
寒くなく、暑くもなく、気持ち良い青空の中、歩き始めます。

横田代まで、のんびり歩いて1時間半・・・
CA3J0118.JPG
キンコウカの葉先がオレンジ色に輝いてます。

お気に入りのベンチで、この1杯のコーヒーを飲むために持ってきたお湯沸しセット。
CA3J0127.JPG
あ、でもインスタントコーヒーです(^^;)

そーいえば、このタンブラー。広島から尾瀬へ行ってた頃は必ずと言っていいほど持ち歩いてました。JRを途中下車し、コーヒーを買ってまた電車に乗る・・・それも楽しみの一つでしたね~

中原山の道標。
もう、字が見えなくなってきましたが、ここは「東」の焼印が押してあります。おそらく、「東」の文字が残っているのはここだけでしょう。(意味がわからない方はスルーしてください^^;)
CA3J0130.JPG
自宅に帰ってから、初めてこの道を通った時の写真を見てみると、なぜかこの道標の写真がありました。どうして写真を撮ったのかなんて覚えていません(^^;)
フィルムで撮影していた頃ですから、この道標に感動したとか(?)、何か感じたのかもしれないですね。(のちほど写真を載せようと思ってます。)

その道標のすぐそばに咲いていたオヤマリンドウ
CA3J0131.JPG
最近、花の写真はあんまり撮ってないんですが、あまりにもこっちを向いて「撮って~」と言われてるような気がしたので撮りました(^^)
posted by とも at 22:40| Comment(0) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする

とことん?!富士見峠周辺 その1、の前に・・・

「今年はぜひ冨士見小屋に宿泊した~い、と思っていますが叶うかなぁ?」
と、6月に尾瀬に行った時のブログで書いてました(^^)

ここ数年、冨士見小屋は人数が少ないと宿泊できない状態だったので、他に数人の予約がある日以外は、一人では予約もできませんでした。
6月、いつなら宿泊可能か聞いて帰っていたので、ホントは8月10日に行こうと計画してたのですが、イロイロあって行くことができませんでした。

その冨士見小屋が今シーズンで閉館するという知らせが、8月24日のブログに載っていました。
http://blog.goo.ne.jp/fujimigoya/d/20150824
なんとなく、こんな日がいつか来るのかもしれないと思っていたものの、閉館すると聞くと言葉が出てきません、、、
  どうして8月10日に無理してでも行かなかったんだろう・・・
そんな思いが頭の中をくるくるとまわります、、、

閉館となると、宿泊できるのは今シーズン中しかありません。しかも、一人で宿泊予約が可能な日は限られているはず。
もう、あまり考えている時間はありません。
でも、いつなら宿泊できる?と思っていたところ、9月12日は宿泊可能ということを知ります。
台風が近づいていたので、もしかしたら12日は台風の影響で今予約されている人がキャンセルするかもしれない、そうなるとやはり宿泊できない?等、色々考えてしまい、台風の進路とにらめっこしていました。

10日になって、台風が速度を速めて通り過ぎてくれたこともあり、
尾瀬へ、いや冨士見小屋へ行くことを決めたのでした(^^)/


予約の電話をした時に「ともです」なんて言ったもんですから、
お部屋の前に貼られていたのは・・・
CA3J0150.JPG

字は違いましたが、これはちょっと嬉しかった(^^)
posted by とも at 08:00| Comment(2) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

フライパンを買いました エバニュー・チタンフライパン18セラミック ECA442

今まで、駒の小屋で自炊といえば、
カップめんとか、
パックのご飯とか、
お湯で温めるだけのレトルト惣菜とか、
そのまま食べられるパンとかばかりでしたが、
山めし礼讃 http://yamameshi.doorblog.jp/に刺激され、げんさん愛用のフライパンを買いました。

今まで、お湯を沸かすくらいの道具しか持ってなかったんです・・・
CA3J0032.JPG
エバニュー・チタンフライパン18セラミック
山の道具を買うなんて、何年ぶりでしょうか(^^;)

買おうかなぁと思い立ったのが出発5日前。アマゾンで買えば間に合うかも?と、ポチっ!
アマゾンのレビューとか見ると、軽いけど、やっぱり焦げ付く、とのこと。軽い分薄いわけだし、チタンで熱伝導率悪いらしいし、まぁ仕方ないよ、それは。でもげんざんが使ってるから、とコレにしました。

1日目の夕食。冷凍食品のお好み焼き。
冷凍食品ですが、前日に買っているため、完全に溶けてます(^^;)
ソースはついていませんでしたが、税込98円!
かぁるく温める程度で大丈夫、と思ったんですが・・・予想通り?焦げ付きました(^_^;)
CA3J0057.JPG
すごーく弱火にしていたつもりなんですが、火が当たるところだけ焦げちゃったという感じですね。
でも、フライパンが新しいせいか、こびりつきはありませんでした。
スプーンは、100円ショップで買ったシリコンスプーン。
離乳食用に作られたものなので小さめです。

このあと、スープスパゲティをする予定だったのですが、他のお客さまからごちそうになり、
スープスパゲティは結局作らないまま・・・

2日朝食。雑炊風。
フリーズドライのたまごスープと、パックのご飯。
CA3J0073.JPG
ちなみにアルミの蓋も100円ショップで購入したものです。
蓋の把手を止めているネジに“バリ”があるのが気に入らなくて、
ネジを取り換えるついでに、把手もコンパクトなものを粘土で作ってつけました。


次回からは大活躍してくれるかな?

posted by とも at 08:00| Comment(0) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

7月26・27日 駒の小屋・中門岳へ行ってきました! その3

夜は暑くてなかなか眠れませんでした。
涼しいハズなんですが、小屋は満室。窓を開けていても風が吹かないので、人の熱気で暑かったんです。

早朝・・・4時には、部屋のあちこちから(5ヶ所くらい?)アラームが鳴っていたのですが、誰一人起きる様子もなく・・・布団の中にいても眠れないので、外に出てみました。

まだ外は薄暗かったですが、ライトがいらない程度。
ガスっていて、日の出は見られそうにない感じ。
CA3J0071.JPG
↑この写真は5時頃。この時点で、太陽は顔を出していると思います。

小屋の前のベンチで一人コーヒーを入れ、見られないだろうけど日の出を待ってみるか、とコーヒーを飲もうと思ったその時・・・!


あぁ、、、、、、

ブヨ!


昨夜もかなりやられました(あとでまた書きます)、、、
顔の周りにブヨがまとわりついてきます、、、
仕方なく、コーヒー片手に小屋の中へ。
外の方が気持ちイイんですが、ブヨには参ります、、、


軽く朝食を済ませた後、部屋にはほとんど人がいなかったので、30分ほど寝ました(^^;)

で、再び布団からでると・・・
CA3J0076.JPG
なんと、青空が!

何気に気に入っている、トイレの窓からの眺め
CA3J0077.JPG
日の出が見られなかったのは残念ですが、戻ってきてくれた青空に感謝です!

そーいえば、オコジョも見られなかったなぁ。。。

下山後は、いつもの(?)かどやのラーメン
CA3J0080.JPG



今シーズンは、10月にもう一度行く予定です(^^)
posted by とも at 08:20| Comment(0) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする

2015年07月31日

7月26・27日 駒の小屋・中門岳へ行ってきました! その2

中門岳への道。
少しだけ雪が残っていました。
まだ雪が解けたばかりと思われる場所では、まだ花が咲いていてないショウジョウバカマの葉っぱも見られました。

天気がイイと気持ちイイ~
CA3J0048.JPG

木道脇には、ハクサンコザクラやチングルマが花盛り♪
CA3J0050.JPG

あっという間に中門岳
CA3J0052.JPG

トンボたちがたくさん飛んでいました。

行きには気がつかなかったんですが、遠くに尾瀬ヶ原が見えてました。
CA3J0055.JPG
写真のド真ん中辺りが尾瀬ヶ原なんですが、わかるでしょうか?

夕暮れ時・・・
雲はほとんどなく、夕焼けは見られそうにありません。。。
雲の上に陽が沈み・・・
CA3J0059.JPG

雲の下で、もう一度陽が沈む・・・
CA3J0063.JPG

そして何とも言えない色に・・・ぼけてますが(^^;)
CA3J0066.JPG


月齢10の月が出ていましたが、そんなの関係ないと言わんばかりに星空が広がります。
天の川もばっちり見えてました。・・・が、ケータイでは写りません(T_T)
CA3J0070.JPG
posted by とも at 09:23| Comment(0) | 2015-16年 | 更新情報をチェックする