2017年04月01日

2017 尾瀬直通バスいろいろ

★2017年 関越交通の尾瀬号(路線バス)(新宿・練馬・川越~戸倉・大清水)
片道料金、週末と繁忙期は4100円(川越3800円)、他は3800円(川越3500円)
🚌日本旅行 新宿(練馬・川越)発・尾瀬行き
🚌日本旅行 尾瀬発・新宿(練馬・川越)行き

1か月前から予約可能です。
乗車券は、コンビニ、日本旅行、JTB等で取り扱っています。
往復割引はないです(^^;)

★ツアーバス
ツアーバス各社の運行する尾瀬直通バスは、鳩待峠までの料金が含まれているものもあり、関越交通を利用するより格安なことがあります。
🚌サンシャインツアー 尾瀬

直通ツアーバスのよいところ
・戸倉での乗り換えが不要で鳩待峠へ直通便がある
・お弁当付コースもある
・山小屋泊もセットにすると安いかも?
直通ツアーバスの残念なところ
・朝発のコースは日帰りしかない(T_T)
、、、個人的には、朝発+山小屋泊のセットコースが欲しいです

他社でも尾瀬直通バス、尾瀬ツアーは沢山ありますので、検索して探してみてくださいね♪


※以下過去に記入したものです。

----------------------------------------------------------------
2016年に追記した部分

★2016年 関越交通の尾瀬号(路線バス)(新宿・練馬・川越~戸倉・大清水)
片道料金、週末と繁忙期は4100円(川越3800円)、他は3800円(川越3500円)ですので、昨年よりまた少し値上がりしました(^^;)

今年から新宿の乗車場所が変更、新しいバスターミナルになります。
----------------------------------------------------------------
2015年に追記した部分です

関越交通
片道3700円・3900円。週末が少し高くなってます。
乗車券は、コンビニ、日本旅行、JTB等で取り扱っています。
往復割引はないので、片道ずつの予約になります。
日本旅行 新宿(練馬・川越)発・尾瀬行き
日本旅行 尾瀬発・新宿(練馬・川越)行き

楽天トラベル・ビッグホリデー
日帰り、山小屋宿泊セットのコースもあります。
尾瀬ハイクバスツアーの決定版!日帰りも!宿泊も!

ツアーバス
往復セットになっています。
サンシャインツアー 尾瀬

ツアーバス各社の運行する尾瀬直通バスは、鳩待峠までの料金が含まれているものもあり、関越交通を利用するより格安なことがあります。
----------------------------------------------------------------
以下、過去に記入したものです・・・

速報!
楽天スーパーセールで、直通バス5000円で出ています。
楽天高速バス×ビックホリデー
 尾瀬ハイクバスツアーの決定版!

この楽天スーパーセールは、2014年6月9日9:59までです。
8月分まで申し込みできるようです。
---------------------------------------------
サンシャインツアー バスで行く、尾瀬ツアー
---------------------------------------------

【初回記入 2012-05-31】

そろそろミズバショウの見頃を迎える尾瀬。
東京方面から尾瀬への直通バスは現在(5月31日現在)関越交通の尾瀬号だけですが、
6月1日から各社で運行されるようです。

路線バスとして運行されているのが、関越交通の尾瀬号。
東京から尾瀬への直通バスで、一番長い期間運行されています。

6月1日の夜行便からは、ビッグホリデー、サン&サン、サンシャイン、トラベックスなど、各社から尾瀬直通バスが運行される予定です。関越交通以外は、ツアーバスとなっていますが、片道だけの利用も出来るようになっています。

関越交通は、片道3700円。
ツアーバス各社は、往路はほとんど夜行で平日2900円~、休日3500円~。復路は平日2700円~、休日3300円~(鳩待峠・大清水で料金が異なります、私の調べた範囲です)
往路より復路の方が安いのは、往路は横浜からも出発しているけど帰路は横浜まで行かないからかな、と思います。

ツアーバス各社の運行する尾瀬直通バスは、鳩待峠までの料金が含まれているものがほとんどなので、関越交通を利用するより格安なので、時間が合えば利用したいと思います。

で。

明日6月1日より、尾瀬に行ってきます。
ツアーバスがあれば利用したかったのですが、6月1日の夜行(6月2日早朝尾瀬着)からの便しかなかったので、今回は関越交通の尾瀬号を利用します。
新宿から鳩待峠までの交通費、3700+マイクロバス900=4600円。
JR+沼田駅から路線バス+マイクロバスを利用すると、
2520+2100+900=5520円となります。

関越交通・尾瀬号の乗り場は、「新宿駅新南口(代々木)」
CA3J0543.JPG

先日、外出ついでに乗り場を確認してきました。
新宿駅でなはく、代々木駅で降りると目の前です。

では、明日から行ってきます!
posted by とも at 10:05| Comment(2) | その他 | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

尾瀬周辺の古い地図

尾瀬の古い地図、といっても昭和40年前後のものですが、むかーし某所で入手して興味深く見ました。今とほぼ変わらない位置に登山道があるものの、なくなってしまった登山道もあったりします。

で、今回は、ネット上で、もっと古い地図を見つけましたのでご紹介します。
5万分の1の地図です。
「大正元年測圖昭和六年要部修正測圖」とあります。
(大正元年:1912年、昭和6年:1931年)
昭和初期の地図ということかな?
私たちが今知っている尾瀬が、まだ知られていない頃でしょう・・・

「藤原」(至仏山・尾瀬ヶ原)
https://purl.stanford.edu/kw217kb0117

今とは、ちょーっと違う位置に道がかかれています。
山小屋らしいものはみられませんが、今の東電小屋と思われる位置あたりに「東電事務所」の文字があります。
「菖蒲平」があるということは、この頃にはキンコウカがたくさん咲いていたのでしょうね(^^)

「燧嶽」(燧ヶ岳・尾瀬沼)
https://purl.stanford.edu/gn892pg8908

明治22年(1889年)平野長蔵さんが燧ヶ岳の登山道を開いたといわれますが、登山道らしきものは記入されていません。長蔵小屋は載っています。
尾瀬ヶ原温泉も載っています。この頃から温泉として使われていたのでしょうか。
何よりビックリしたのは、沼田街道が太くはっきりと書かれていることです。幅が広い道ではないと思いますが、それだけ重要な道だったということでしょうね(^^)

リンク先からダウンロード可能です。
この頃の全国の地図が見られます。興味のある方はご覧ください。
それにしても、海外の大学のサイトで、日本の古い地図を見ることができるとは・・・(^^;)
http://stanford.maps.arcgis.com/apps/SimpleViewer/index.html?appid=733446cc5a314ddf85c59ecc10321b41
posted by とも at 11:25| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

新年のごあいさつ

思い返せば、
昨年は、1泊2日×3回しか尾瀬に行っていませんでした。
それも2回は、昼前に入山、昼過ぎには下山。
あわただしい尾瀬でした。

秋の尾瀬は、入山の時に写真をアップしただけで、
ブログ更新しないまま、、、

CA3J1232.JPG

秋に撮影した1枚です。
大きく翼を広げた青い鳥が、
空を羽ばたいているように見えませんか?


今年は尾瀬に行けるのかなぁ~?
posted by とも at 14:44| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

秋の尾瀬

130930_1145~01.jpg
ようやくまた尾瀬に来られました(^^)
posted by とも at 11:47| Comment(2) | その他 | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

「トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか」を読んだ感想というか何というか・・・

トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか
随分前に出版されていた本でしたが、文庫本が出たというので読んでみようかな~と思い、図書館の予約待ちで、ようやく読むことができました。
普段、全くと言っていいほど本を読まない私が、全部読みました(^^;)

読み終えたと思ったら、また同社の遭難事故のニュースが入ってきました・・・
ご冥福をお祈りいたします。

読書感想文は苦手なのですが、、、思ったことなど。
第4章低体温症、第5章運動生理学、第6章ツアー登山のところは、どこに行くにしても参考になることが多かったです。

低体温症・体温を奪われることの恐ろしさは思っていた以上のことが書いてありました。夏山でも低体温症は十分起りうる可能性があるということです。そして、自分で気づくことなくいつの間にか意識が朦朧とし死に至る・・・気をつけなくてはいけませんね。低体温症ということを知っていれば、意識がはっきりとしているうちに対策がとれるかもしれません。
夏は特に熱中症の方が気になりますが、風や雨に対する寒さ対策も忘れてはいけないということだと思います。

運動生理学のところに、興味深いデータがありました。登山する時に必要なカロリー=行動中に必要な消費エネルギーの計算方法です。歩く時間・山の高低差・体重・荷物重量から、登山する際に必要なカロリーを計算するのです。
至仏山(日帰り)の場合は、「30.8×(体重+ザックの重さ)kg=消費エネルギーkcal」となるそうです。
荷物を少なくしようとして食料を減らした場合、歩くために必要なエネルギーが十分にとれなくなる可能性がある、ということから、このデータが載っていました。実際には、気象条件によっても必要なエネルギーが変わってくるかもしれませんが、食料を持ち歩く必要がある時は参考になるデータです。

ツアー登山。
私も、最初に尾瀬に行った時はツアーでした。
その後、富士山・立山・とある山のツアーに参加しましたが、その“とある山”に参加したことのことです。

ツアーの3日くらい前に台風が通過しました。あちこち被害のニュースもありましたが、“とある山”ツアーは中止の連絡もなかったので予定通り夜行バスで出発しました。早朝、雨のなか到着した登山口で、登山道が土砂崩れで通行止めになっていたことを知ります。ガイドは同行しないツアーで、添乗員のみ同行のツアーでした。台風の後だから、私自身ちょっと心配はしていましたが「ツアーが中止になっていないのだから大丈夫だろう」と思っていました、←これはあまりよくはないですね。「ツアーだから連れて行ってもらえる」の感覚はでしたね。
その後“とある山”ツアーはどうなったかというと、
通行止めの看板を無視して雨の中歩き始めている人たちをみて「歩いている人がいるんだから行こう」と言う人、「登山しなかったら、運転手が休めない」「どうなってるんだ、どうして通行止めだと調べなかったんだ」とケンカ腰の人もいるし、ちょっと騒々しくなりましたが、結局中止。運転していた運転手さんが気を利かせてくれて、チョコっと観光、下山後に行く予定だった昼食・温泉は予定通りの行程で帰宅。ツアー料金の半額が返金となりました。

登山ツアーのパンフレットを見ると、どんな険しい山でも行けそうな気がしてきます。添乗員さん・ガイドさんの後ろを付いていけばいい、ついていけば行程通りその山に登れる、と思えてしまいます。必要な体力が★マークでランク付けされていたりしますが、その★マークに自分の体力を当てはめるとどのランクになるのか、パンフレットを見ただけではよくわかりません。
集合場所まで行けば、登山口までのアクセスを調べたり宿を予約したりの手間なしで登山・ハイキングが楽しめるというのがツアーの魅力。でも、自分で調べなくては確認しなくてはならないことも忘れてはいけません。

こう言ってる私自身、初めて尾瀬に行った時は何県にあるかも知らなかったし、こんな山道を歩く(白砂峠)とも知らずに参加していたのですから(^^;)考えてみればチョット危険なことだったと思います。
フツーの観光地とならんで尾瀬ハイキングコースが広告に載っていたりしますから、フツーの観光地気分で参加してしまう人がいるのもわかるような気がします。

posted by とも at 10:19| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

新しいバックパック購入「チャチャパック45」

今まで、長い間お世話になったバックパック。
愛着があるので、なかなか買い替えという気にならなかったのですが、、、
CA3J0722.JPG

写真で分かりにくいですが、経年劣化のせいかテープがポロポロしはじめていて、今シーズンはガムテープで巻いてました。
ガムテープを巻いた場所以外にも、ポロポロし始めてきたので限界かと思いながらも、今シーズンはコレを使おうと思っていたのですが・・・
今シーズンも、あと2回は使うかも・・・
と思い、思い切って買い替えることにしました。

広島に今年オープンしたモンベルショップで実物をみて、これにしようかな~と思ってたところ、安売りしていたので、ポチっちゃいました(=インターネットで購入しちゃいました)。

現行モデルはコチラですが・・・

私が買ったのは、ひとつ前のモデルのチャチャパック

ネットショップをあちこち見て回りましたが、モンベルのオンラインショップが最安値!アウトレットで安くなっていました。

今まで2気室を使っていたので、ホントは2気室タイプが欲しかったのですが、1気室です。
ショートタイプは、身長145~160センチくらいの人向けです。(ちなみに私は160チョイ超えてます)
CA3J0716.JPG

↓ここが伸ばせるタイプが欲しかった
CA3J0717.JPGCA3J0718.JPG

↓背面にはプレートが入っていて、自分の体系に合わせてプレートを曲げることができます。
CA3J0721.JPG

↓左サイドにはジッパーが2箇所。
CA3J0719.JPG

1つは本体の荷物の出し入れ用、
もうひとつは、収納式のポケットが入っています。
ポケットは両方についてます。
CA3J0720.JPG

ハイドレーションパックがつけられるようになっていますが、使う予定なし、、、

で。
週末はコレとお出かけです♪
posted by とも at 11:37| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

尾瀬ドーフ

120812_1314~01.jpg120812_1319~01.jpg
久しぶりに尾瀬ドーフに寄りました。お土産にざる豆腐を買い、やわらか豆腐をイートイン。店内にはギャラリーを兼ねたようなイートインスペースがあります。

ヨーグルトのような容器に入っているやわらか豆腐。そのまま食べてもよいのですが、用意されているブルーベリーソースや塩をかけて食べるのもよいです。個人的には塩をかけて食べた方が、大豆の美味しさが強く感じられるような気がします。
1個150円です。
posted by とも at 06:33| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

ミネラルウォーター「湿原賛歌」

ご無沙汰しました。

古ーいペットボトルです。
賞味期限が「03.12-7」と書いてあります。

洗剤を入れるのに使っていたので、今まで手元にありました。
shitugensanka1.jpg

shitukensanka2.jpg

尾瀬のミネラルウォーターというわけではありませんが、
珍しいかと思い、アップしてみました(^^)
posted by とも at 13:31| Comment(4) | その他 | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

ソーシャルブックマークの表示と、Facebookとの連携をしました

なんだか久しぶりです(^^)

突然ですが、ソーシャルブックマークサービス(略してSBM)というのをご存知でしょうか?
なんとなく使っている人もいるかもしれません。ニュースサイトやブログ記事の下に、ついている「B!」とか「いいね!」っていうマークをクリックするとブックマークされ、それを共有できるシステムです(という説明でいいのでしょうか???)

このseesaaブログでは、ブログ設定のなかでチェックボックスにチェックを入れればブログ記事に下にSBMが表示されるハズなのですが、、、、何度チェックを入れても出てこない、、、

ん~なんでじゃろ~

とチト悩んでしまいました。

が、すぐに解決!?
このブログを始めたのは2007年。その頃、SBMというシステムはなかったので、当時のデザインフォーマットにSBMを挿入を指示する構文がなかったんですね~
気がつくまでに時間がかかってしまいましたが、記事の下にSBMを表示させるようにしました。
あわせて、記事だけでなくブログ自体にもSBMをつけました。
はてなブックマーク、Twitter、Facebookを表示させています。
必要な方はお使いください。

そして、Twitterに続いてFacebookにも登録しました。
シーズン中に「Twitterはやっていないけど、Facebookはやっている」という人にお会いしましたので、その人がアクセスしやすくなるのなら、と思っての登録です。FacebookはTwitterと連携させましたので、TwitterにつぶやきがあるとFacebookにも表示されるようにしました。
Facebookは今日登録したばかりで、どう使えば有効に使えるのかよくわかっていません、、、
本名は登録してもほとんどの人が知らないので(^^;)「尾瀬 とも」で登録しました。
検索するとでてくると思いますので、探してみてくださいね~
posted by とも at 18:16| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

電波が弱い…

先ほどから写真を送信したいのですが、悪天候のせいかつながりません(T_T)


現在、尾瀬ヶ原はあちこちで通行止め。
鳩待峠~津奈木(鳩待峠から約3キロ)の道路も通行止めらしいです。
posted by とも at 15:44| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする