2011年01月08日

尾瀬検定を"まとめ"てみました

年末、「魚沼発尾瀬検定」のテキストをチェックしてました。
まだ中を見てなかったな~と、先ほど見たのですが、難しい、、、、
そんなこと知らなかった、そうだったっけ?
って内容もありました。

で、
尾瀬検定を"まとめ"てみました(^^)

尾瀬検定 上毛新聞社メディア事業室
http://www.raijin.com/oze/kentei/kentei.htm
「検定ブーム」と言われ始めた頃、「尾瀬検定」として最初にあらわれたのがココだと思います。
1日目~5日目までありますが、1日目~4日目までは問題毎に解答が書かれているので、ゆっくりスクロールしながら解答していきましょう(^^)

オゼケン(尾瀬エコ検定)
 初級編 http://minna.cert.yahoo.co.jp/cbjab/222220
 中級編 http://minna.cert.yahoo.co.jp/cbjab/222223
 上級編 http://minna.cert.yahoo.co.jp/cbjab/222224
こちらも、検定ブームの頃にでました。登録日が2008年3月2日になっています。
YAHOO!の企画で掲載されていたと思います。
オゼケン・上級編第8問
「尾瀬に隣接する戸倉山林では平成9年から毎年約300人のボランティアが植林を行っています。これまでに植えた苗木は何本?」の正解は、「2万7500本」ですが、これは問題が作られた2008年のこと。
今は「約35,000本」が正解です。

※追記:このページは削除されています

尾瀬検定 尾瀬からの招待状(東京電力)
http://www.tepco.co.jp/oze/tanosimu/kentei/
現在は「初級編」のみとなっています。
2月には「中級編」、そのあと「上級編」もでるみたいですね。
解答すると、年賀状のテンプレートがダウンロードできます。

そして、先月(2010年12月)行われた「魚沼発尾瀬検定」の問題集。
魚沼発 尾瀬検定問題集 尾瀬・魚沼ルート活性化協議会
http://www.uonumakaraoze.com/_src/sc2011/ozeken_txt.pdf
(正誤表http://www.uonumakaraoze.com/_src/sc2022/94F690A38C9F92E88F8994C590B38CEB955CB5_87U.pdf
105問あります。
問題集には、問題毎に解答が書いてありますので、ゆっくりスクロールしながら見てみましょう(^^)

※追記:このページは削除されています 新しいページhttp://www.uonumakaraoze.com/kentei/

三条の滝は、落差90mとか100mとよく解説されていますが、ココでの正解は「約73m」。
上毛新聞社の尾瀬検定と矛盾します(^^;)
・・・が、それは兎も角、
尾瀬に興味を持って接している、ということが大切ですよね!?
posted by とも at 21:38| Comment(0) | 2010年いろいろ | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

尾瀬の入山者数と、尾瀬学校等の入山者数

12月20日付で、平成22年度の尾瀬国立公園入山者数が出ていました。

平成22年度 尾瀬国立公園入山者数について(尾瀬国立公園[環境省]のサイト内)
http://www.env.go.jp/park/oze/topics/101221a.html

昨年比7.5%増だそうです。

・・・で、前から気になっていたので、尾瀬学校の入山者数がどのくらいなのか調べてみました。
尾瀬保護財団のサイト内に「学校の尾瀬登山について」というページがあって、入山予定がある学校の人数が載っています。

この表のなかで、尾瀬学校の入山者数は11121人。

↓ここから先は、単に数字だけの話ですので、読み流してください(^^;)

この人数は教員を含めた人数なのか児童生徒のみの人数なのか不明ですが、仮に児童生徒のみの人数としましょう。1クラス35人と仮定し、1クラスに一人の教員が引率するとして単純に計算すると、教員数は345人。尾瀬学校では、8人につきガイド1名がつくので、同行するガイドの人数は1417人。尾瀬学校関係の入山者数だけで、最低12833人の入山者数が予想されます。

「尾瀬の学校登山について」に載っている人数を、「1クラス35人・8人につきガイド一人」の条件に当てはめて計算すると、予想される入山者数は18984人になります。尾瀬全体の5.5%くらいです。
鳩待峠口だけに限っていうと、12883人。鳩待峠口全体の6.6%くらいです。
さらに鳩待峠口の6月に限っていうと、6227人。鳩待峠口全体の1割くらいです。

この表に載っていない学校団体も、入山しているハズです。
そして、その入山口のほとんどは鳩待峠でしょう。
posted by とも at 21:34| Comment(2) | 2010年いろいろ | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

尾瀬プチプラネタリウム

勝手に、プチプラネタリウムと名づけました(^^;)

尾瀬&星空好きの人に、オススメの動画です(^^)/






posted by とも at 07:20| Comment(2) | 2010年いろいろ | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

今シーズンのお気に入り&迷写真

今シーズンの、お気に入り写真たちですカメラ

20100721夜明け前1.jpg

"10キロくらい太ったような顔"(「涙の御来光」 http://ozenotomo.seesaa.net/article/157040394.html)になる直前に撮った写真。
7月21日撮影


借りていたカメラで。借りたカメラを初めて使った日。8月13日撮影。ちょこっと明るさ調整しています。
「8月13日横田代 http://ozenotomo.seesaa.net/article/159373222.html」の流れ星を切り取る前の写真です。
おもいっきりピンボケですが、私にとっては記念の1枚です。
20100813夜.jpg



20100813夜明け前.jpg

借りていたカメラで。8月13日撮影。
まだあたりは暗かったのですが、雲が流れてこんな写り方をするとは知りませんでした(^^;)


20100906朝焼け.jpg

借りていたカメラで。9月6日撮影。
このピンク色の空気がすき


おまけ:「リベンジ!?涙の御来光 http://ozenotomo.seesaa.net/article/157631584.html」この日に撮った迷写真です(^.^;)
20100727私を襲った虫たち.jpg

こんなに飛んでいたんですよ、こんなに、、、ということが伝わる一枚でしょうもうやだ〜(悲しい顔)


こうやって並べてみると、くら〜〜〜い写真ばかりです(日があたっていないという意味で)。
2枚を大きく伸ばしてみましたが、やっぱりちょーっとボケていました(^^;)
posted by とも at 22:51| Comment(4) | 2010年いろいろ | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

至仏山遭難疑惑事件!?

尾瀬はそろそろ根雪モードに入ってきたみたいですね~
やっと自宅のパソコンからインターネットに接続できるようになり、ザーッと気になる記事を読んでいました。

前にも紹介したことのあるブログですが、
「豊後ピートのブログ」http://blog.goo.ne.jp/bongo-pete
この遭難云々の記事をみていて、書こうと思っていたのに書いていなかった遭難騒ぎ事件について書いちゃいます。

「至仏山遭難疑惑事件!?」
大げさなタイトルでゴメンナサイ。
遭難ではなかったのですが、至仏山へ行った本人たちか「道に迷った」と勘違いした1件です。
(ご本人には、「いつかブログに書かせてもらいますね」と承諾済みです。)

荷物を預けて、山の鼻から至仏山山頂へ向かったSさん2名さま。
確か15時過ぎていたのではないかと思います、電話がかかってきました。
「道に迷いました」
至仏山で道に迷う???その頃、山頂付近は少しガスっていましたが、登山道ははっきりしているので、迷うことはないと思うのです。・・・が、迷った、と言うのです。

迷うとすれば、笠ヶ岳方面の登山道へ歩いて行ったとしか考えられません。
「至仏山の山頂は通過しましたよね?木の階段を下りましたか?ぬかるんだ道は歩きましたか?」
私は電話での会話を横で聞いていただけでした。なぜか途中から電話を渡されてしまい、まぁ、話す人が変われば何かわかるかも、ということで私が対応するハメに!?

「山頂は通りましたよね?」
『山頂は通りました』
「小至仏山の山頂は通りましたか?」
・・・どうやら小至仏山がわからない様子、、、
「何かみえますか?」
『ダムが見えます』
もしや、登山道を外れて、ガレ場をみなかみ方面へ下っているなんてことはないだろうなぁ???
「もしかしたら、登山道を外れているかもしれませんよ?」
『いまいる所は緑のロープがあるので、登山道だと思うのですが』
・・・このあたりでピンときました。
「今歩いているところは、上りですか?」
「今通ってきた至仏山の山頂を背中に前を見ると、登った上の方は、少しガスっていませんか?」
「そのまま登ってください、そのまままっすぐ高いところまで行くと小至仏山の道標がありますから、小至仏山の道標が見えたらまた電話してください。」

10分するかしないかのうちに、『小至仏山、ありました』と電話がありました。
よかった、よかった。

どうして、Sさん、迷ったと勘違いされたのか、わかりますか?
至仏山の山頂を通過したので、あとは下る道だけ、と思われていたので、小至仏山へ向かって上り始めたところで「登るはずはない、山頂は通過したのだから下るはずだから、道が違うのかも」と思われたわけです。
ちょうど電話がかかってきた時間は、至仏・小至仏山頂あたりだけガスってました。先の道が見えなかった分、余計に不安だったのでしょう。でも、電話がつながらなかったら、Sさんたちはどうしていたのかと思うと、ちょっと怖いですね。


翌日になって分かったことですが、このSさん、ネット上でつながっていた人で、「関西方面から尾瀬に行くには?」という質問に、私が「夜行バスがあるよ~」など答えていた人でした。
お互いに、こんな出会い方をしたことにビックリでした(^^;)

そしてさらに後になってビックリしたことが、、、
Sさんは、ちゃんと登山地図を持参されていたそうです、等高線の入った地図を、、、

 ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

豊後ピートのブログ の最近の記事、
「静岡の沢口山で5人が救助要請」
http://blog.goo.ne.jp/bongo-pete/e/df49c37473d04ce70373588d4ab52a37
このニュース動画があります。(リンクが切れていたらごめんなさい)
http://www.tv-sdt.co.jp/nnn/movie/news8804509.html
「軽装だから止めた方がいい、やめなさい」と声をかけた人がいたんですね。
それなのに、「だいじょうぶだよ、行ってくる」と入山したらしいですね。

尾瀬でも軽装の入山者をよく見かけます。
サンダルじゃ危ないですよ、と言っても、「いつもコレで歩いてるから~」と言われてしまえば、それ以上何も言えません、、、
posted by とも at 21:30| Comment(0) | 2010年いろいろ | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

尾瀬市場の足湯

ASHIYU1.JPGASHIYU2.JPG
初雪が降った尾瀬。雪のため、七入から御池方面が通行止めになったり、鳩待峠はノーマルタイヤで走るのは難しくなったようです。津奈木のゲートが、8日10時で閉鎖されることも決まったそうです。


沼田と片品を結ぶ国道沿いにある尾瀬市場。ここ沼田市利根町が本店らしく全部で3店舗あるそうです。

今シーズンの下山後、初めてここへ立ち寄りました。目的は花豆です。鎌田バス停前のお土産で花豆を買ったことがあり、それを求めて寄ったのですが、今年収穫したものはまだ販売されていないということで売り切れでした。今年の猛暑で、花豆の収穫が遅れているそうです。
それで、この尾瀬市場に寄ったのですが、ここでも今年の花豆はまだ店頭に並んでいませんでした。昨年の花豆も残りわずかでした。あれから1週間経ってますので、今年の花豆がそろそろ出回ってますかね~?

ここには無料で利用できる足湯があります。初めて来たので今まで知りませんでしたが、この足湯の腰掛になっている木の部分、尾瀬の木道が再利用されています。木道現役時代に、おそらく私も歩いている木道でしょう。そう思ってみると、なんだかタダの足湯ではないように思えて見えませんか?(^^)
posted by とも at 17:01| Comment(4) | 2010年いろいろ | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

お土産コレクション その2

100630_1428~0001.jpg100710_1004~0001.jpg100928_0931~0001.jpg100815_0937~0001.jpg100802_1717~0001.jpg
今日の尾瀬は、初雪だったようですね~明日の朝は、片品村で雪マークの予報になっているので、尾瀬も雪景色となっているでしょう。

さて。
お土産コレクション、続きです(^^)

2枚目は、この日初めてご対面した、金沢の知人からいただいた飴です。ネットつながりで知り合った彼女、初めて尾瀬に行くというので、いろいろとメッセージのやりとりをしました。訪ねてきていただいただけでもうれしかったですね(^^)
3枚目のラスク、地元で有名らしいです。いろんな人から、このラスクをいただきました。
5枚目。尾瀬ヶ原を泳いできた鯉!?いや、尾瀬ヶ原を歩いてきた彼女に会えなかったのは残念でしたが、ちゃんと受け取りましたよ~

他にも、写真に残っていないですが、各地の名物をいただきました。
みなさまに感謝感謝です。


いただいたもので一番うれしかったものは…私のブロマイドのような写真ですね(*^-^*)
今シーズンも、自分が写っている写真は数えるほどしかないのです…
ありがとうございました!

そして今、、、
みなさまへのプレゼントを企画しています。実現するかどうかビミョーで、しかもいつになるかもわかりませんが、がんばります(^^;)
その時がきたら、ブログに書きますのでチェックしてくださいね~
実現しなかったらごめんなさいm(_ _)m
posted by とも at 17:44| Comment(2) | 2010年いろいろ | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

お土産コレクション その1

100502_0941~0001.jpg100617_0937~0001.jpg100617_0936~0001.jpg100626_1432~0001.jpg100626_1921~0002.jpg
私の携帯電話で撮影する写真は、尾瀬以外は全て食べるものと言っていいほどです(^^;)
今シーズン撮影していた写真のなかで、アップしていないもののご紹介、お土産コレクションです~♪

シーズン中、いろんな方からお土産いただきましたm(_ _)m
北は北海道礼文島、南は沖縄宮古島。
近くのお店(戸倉)まで、バスで往復1時間弱、バス賃1800円の立地での生活です、持ってきていただけるだけでもありがたく、遠方からわざわざ持ってきていただいたことにさらに感謝です。
(さらに歩かなければいけない場所になると、感謝×2×2…になるのです)

新潟限定、笹だんごキャラメル・おけさの柿キャラメル。何度も持ってきていただきありがとうございました。いろんな人と味わいました。もう尾瀬でも有名です!?
5枚目は、唯一食べ物ではありません、巾着です。早速使わせていただきました。

写真のみで失礼します、明日も続きます(^^)
posted by とも at 22:24| Comment(0) | 2010年いろいろ | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

携帯電話で長文を打つ方法&下山後の尾瀬

101024_1939~0001.jpg101024_1941~0001.jpg
昨日(10月23日)、尾瀬で霜が降りたそうです。尾瀬沼はマイナス5度くらいまで下がったらしいです。天気予報を見ると、25~27日にかけて低気圧が発達して西高東低の冬型気圧配置になると出ています。これは尾瀬も初雪になるのではないでしょうか。26日朝のライブカメラはチェックかな~(^^)

さて、シーズン中に何人かから、「携帯電話で、よくあんなに長い文章打つね~」「花の名前なんて入力するのが大変でしょう~?」と言われました。ちょっとの文章ならケータイで直接入力します。長~い文章、どうやって入力しているかというと、専用のパソコンソフトを使って入力しているのです(すべての文章ではありません、最初から沢山書こうと思っている時に使ってます)。auのホームページからダウンロードできるソフト「2DCodeMaker」を使っています。写真の通りこのソフトで文章を入力して(1枚目)、バーコードを作成し(2枚目)、携帯電話のバーコードリーダーで読みとるのです。このソフトを知らなかった昨年は、携帯電話の外付けキーボードを愛用していましたが、サクサク入力できませんでした。
パソコンが直接インターネット環境につながっていれば、こんな面倒なことはしなくてすむのですが、携帯電話からブログを更新するのに「2DCodeMaker」はまさに私の右腕となり大活躍でした(^-^)/
そして広島に戻った今も、ネット環境が整うまで長文入力に使うことになりそうです。
あぁ~早くプロバイダ契約しなくっちゃ(^^;)
posted by とも at 20:00| Comment(2) | 2010年いろいろ | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

続・尾瀬の新グルメ!? 上州こんにゃくアイス

100929_1602~0001.jpg
前回売り切れだった、こんにゃくアイスを食べてきました(^-^)/
黒いツブツブがこんにゃく!?…かとおもったら、原材料に「ひじき粉」とありました。こんにゃくは、米粒の半分くらいの大きさで入っていました。パンナコッタのようなノリですね~
こんにゃくの味というより…ん~何味と言えばよいでしょう!?ちょっと変わった味です(^^;)
アイスの製造は長野県でしたが、原材料のこんにゃくは群馬産100%です。
posted by とも at 19:21| Comment(2) | 2010年いろいろ | 更新情報をチェックする